緑区版 掲載号:2019年3月21日号 エリアトップへ

平成生まれの挑戦者たち【5】 「変化を思いっきり楽しむ」 忍者 池辺華奈さん 22歳

文化

掲載号:2019年3月21日号

  • LINE
  • hatena

 区内で様々な挑戦を行う「平成生まれの若者」を連載で紹介する。

 第5回は、三保町在住の池辺華奈さん(22)=写真=だ。旭区にある「四季の森忍術道場」で、忍者として働く彼女の挑戦を追った。

 道場では、幅広い世代が忍術や古武術などを学んでいる。そんな道場を父親が始めたのは、池辺さんが小学校1年生の時。その後、クラスの友人なども巻き込み、練習に参加するようになっていったという。「人との繋がりを大切にする姿勢などたくさんのことを学んだ」と振り返った。

「人生は一度きりだ」

 短大卒業後は、OLとして約2年間勤務していた池辺さん。仕事は、安定していたが、自分だけのやりがいを求め、本格的に道場を手伝う道を選択した。「あまり後先を考えないタイプかも。人生一度きりだからこそ、後悔のない選択をしたかった。”忍者として生きる”って言ったら多くの人に驚かれるけど、応援してくれる人ばかり。多様な生き方の選択肢があっても良い」と笑う。

 特に力を入れているのは、忍者というコンテンツの発信だ。全世界から「道場で修業がしてみたい」と問い合わせがくるようになってきた同道場。最近では、日本に来てもらわなくても、各国で学べるように動画の制作にも挑戦している。図などを使用して、言葉が分からなくても、学べる仕組み作りを模索する日々だ。

 「大企業に勤めることだけが良い選択肢ではないと思う。自分だけの生き方を示したい。忍者という生き方のロールモデルになりたい」と意気込みを見せた。

 池辺さんが大切にするのは、変化を楽しむことだという。「10年後、自分がどうなっているか明確なイメージがあるわけではない。今の自分が想像できないような変化を巻き起こしたいですね」

緑区版のローカルニュース最新6

ひきこもる若者へ

ひきこもる若者へ 文化

28日、長津田でセミナー

10月22日号

増える自殺、救うには

増える自殺、救うには 社会

精神科医・内田教授に聞く

10月22日号

「多くの人にみてほしい」

「多くの人にみてほしい」 文化

写真集作った大谷元さん

10月22日号

スタンプラリーで特製景品

ガンダムリライズとコラボ

スタンプラリーで特製景品 文化

10月22日号

だれでもチャレンジ

【Web限定記事】

だれでもチャレンジ 文化

ちょっと先生による講座

10月22日号

犯罪・事故発生状況

【Web限定記事】

犯罪・事故発生状況 社会

緑警察署管内10月8日〜10月14日

10月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

緑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク