緑区版 掲載号:2019年3月28日号 エリアトップへ

平成生まれの挑戦者たち【6】 「楽しむからこそ、続く」 緑郵便局勤務 久保田崇文さん 28歳

文化

掲載号:2019年3月28日号

  • LINE
  • hatena

 区内で様々な挑戦を行う「平成生まれの若者」を連載で紹介する。

 第6回は、緑郵便局に勤務する久保田崇文さん(28)=写真=だ。

 4月に行われる「フィジーク」の大会に出場する久保田さん。フィジークとは、引き締まった肉体を披露するとともに、サーフパンツ、立ち振る舞いに至るまで、”カッコイイ”をステージで表現する競技のことだ。

 動画投稿サイト「ユーチューブ」で、フィジークという競技を知った。

 フィジークの大会出場を意識して、本格的なトレーニングを始めたのは、昨年8月。「漫画のキャラクターに出てくるような体の人ばかり。純粋に『かっこいい』と思い、『出たい』と感じた」。また、客観的に自分の作ってきた体がどのように評価されるかを知りたかったのも出場理由のひとつだ。「出場するからには、結果を出したい」と意気込みを見せた。

”筋肉キャラ”が定着

 子ども2人を育てる父親でもある。幼稚園の運動会でも活躍する。また、子どもを4人くらいぶら下げてスクワットをして遊ぶことも。すっかり筋肉キャラが定着しているという。「覚えてもらいやすくて良い」とにこり。

 仕事が終わった後、ジムで約3時間のトレーニングを行う。帰宅後や出勤前にも、ウォーキングを行うなどトレーニング漬けの日々を送る。意識しているのは、楽しむこと。「鏡を見て、体の変化を楽しんでいる。だからこそ、毎日続けられる」と分析した。「後悔しないように挑戦したい。その過程も思いっきり楽しむ。楽しくないと、続かないからね」

緑区版のローカルニュース最新6

ひきこもる若者へ

ひきこもる若者へ 文化

28日、長津田でセミナー

10月22日号

増える自殺、救うには

増える自殺、救うには 社会

精神科医・内田教授に聞く

10月22日号

「多くの人にみてほしい」

「多くの人にみてほしい」 文化

写真集作った大谷元さん

10月22日号

スタンプラリーで特製景品

ガンダムリライズとコラボ

スタンプラリーで特製景品 文化

10月22日号

だれでもチャレンジ

【Web限定記事】

だれでもチャレンジ 文化

ちょっと先生による講座

10月22日号

犯罪・事故発生状況

【Web限定記事】

犯罪・事故発生状況 社会

緑警察署管内10月8日〜10月14日

10月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

緑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク