緑区版 掲載号:2019年3月28日号 エリアトップへ

市指定路線沿道建築物 耐震性なし300棟超 結果をホームページで公表

社会

掲載号:2019年3月28日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市はこのほど、高速道路や国道1号・16号線など、市内主要幹線道路20路線に面した沿道建築物のうち、旧耐震基準で建築された建物について、所有者等に義務づけた耐震診断の結果を公表した。これによると「耐震性なし」と分類された建物が336件に上ることが分かった。

 今回の耐震診断結果公表は、2013年に施行された「改正耐震改修促進法」を受けたもの。同法は大地震で沿道の建物が倒壊し、避難や救急、物資輸送等の大動脈となる道路の通行が阻害されることを防ぐことなどが目的。地方公共団体指定路線の沿道にある対象建築物所有者等に耐震診断結果の報告を義務づけ、結果を公表することとしている。

 市内で該当する建物は公共建築物で12、民間建築物で453の計465棟。これらについて、震度6強から7程度の大規模地震での倒壊・崩壊危険性の報告を受けた。結果、336件に耐震性がなかった。建築物の概要や診断結果、耐震改修等の予定などは、建築局ホームページと同局窓口で公表。市は「災害は備えが重要。公表内容は、身の回りの防災情報の一つとしての位置づけでもある」としている。

制度周知で改修へ

 30年以内の横浜での大地震発生予測は80%以上とされ、市も「必ずやってくる」として防災計画を進めている。災害時の初動対応に遅れを生じさせないためにも、改修促進には、スピード感を持った対応が求められる。

 しかし、建築物所有者等からは、リスクは承知していてもすぐに工事に踏み切れないという声もあるという。住宅・店舗・事務所など建築物の用途は様々な上、資金やテナントとの関係などの課題が主な理由だ。

 こうした中、市は支援策として2017年から「耐震トータルサポート事業」を始めた。建築士やファイナンシャルプランナー、弁護士など専門家によるアドバイスと設計・工事補助により、計画的な耐震化を促すものだ。ここ2年間での活用は35件。市は「制度の周知と耐震への啓発を一層推し進めていきたい」と話している。

緑区版のトップニュース最新6

外遊びの安全確保に苦悩

横浜市内認可保育園

外遊びの安全確保に苦悩 社会

4割が狭い園庭

6月13日号

思いを一冊の詩集に

長津田町の土谷宗玄さん

思いを一冊の詩集に 文化

「教え子に手渡ししたい」

6月13日号

図書室新設に向け準備

山下地域交流センター

図書室新設に向け準備 社会

7月2日開設予定

6月6日号

外国人人口10万人超え

横浜市

外国人人口10万人超え 社会

多言語相談など支援強化

6月6日号

区内から2店舗が出品

ガチハンバーグ!

区内から2店舗が出品 社会

6月1日から投票開始

5月30日号

市、夏までに詳細周知

幼児教育・保育無償化

市、夏までに詳細周知 社会

コールセンター開設も

5月30日号

鴨居まち研が20周年

鴨居まち研が20周年 社会

協力企業らと祝賀会

5月23日号

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 3月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年6月13日号

お問い合わせ

外部リンク