緑区版 掲載号:2019年4月4日号 エリアトップへ

横浜市 外国人材 受入体制強化へ 11言語対応窓口を設置

社会

掲載号:2019年4月4日号

  • LINE
  • hatena
市国際交流協会内の現在の窓口
市国際交流協会内の現在の窓口

 法改正により就労条件が緩和され増加が予想される外国人。横浜市では総合的な情報提供や相談を行う新拠点開設などを新規事業に掲げ、外国人の受入環境整備を強化する。一方、日本語教室の多くがボランティアによるもので、その支援強化が求められている。

 中小企業などの人手不足の深刻化を踏まえ、新たな在留資格を目玉とする改正出入国管理法が昨年12月に成立、4月に施行される。これにより介護や農業などの14業種で外国人の就労が認められることになり、一層の増加が見込まれている。

 外国人材の増加を見据え市は昨年11月、国に環境整備の予算的措置を要望。2019年度は国の交付金メニューを活用し5400万円を計上した。

19年度予算に5400万円

 事業の柱には、総合的な情報提供および相談を行う拠点の開設がある。

 (公財)市国際交流協会=西区=内に11言語に対応した専用の窓口を設置。専門スキルを持った人材の配置や多言語音声翻訳システムなどを活用して就職支援なども含む外国人の相談にワンストップで対応する。19年度中の開設予定。また、外国人の身近な相談窓口である市内11カ所の国際交流ラウンジ間の連携を強化するため、新拠点がセンター的な役割を担う。

 市は自治会町内会と連携し外国人向けの生活のしおりを作成するなど、地域とのつながりづくりも進める方針だ。

 日本語学習の支援も柱の1つ。市内ではNPOや市民団体が運営する約130の教室があるが、指導内容に基準がなく、学習レベルがバラバラなのが実態。そのため市は、実態把握をはじめ指導ノウハウを共有し学習レベルの底上げに取り組む。

 学習ボランティアを行う中区の貝藤輝子さんは「日本語の学習支援はボランティアが担っているところが大きい」と指摘。テキストのコピー代や教材は持ち出しや手作りなのが現状だ。「学習教材の提供などがあればうれしい」と話していた。

 市内外国人人口は2月末時点で9万7970人。5年間で約3割増加しており全国で2番目に多い。国籍は多い順に中国・韓国・フィリピン・ベトナム・ネパールと続く。

緑区版のトップニュース最新6

環境大臣表彰を受賞

三保小学校

環境大臣表彰を受賞 教育

写真撮影で魅力発見

6月20日号

新劇場整備へ検討委設置

横浜市

新劇場整備へ検討委設置 文化

多面舞台備え集客効果狙い

6月20日号

外遊びの安全確保に苦悩

横浜市内認可保育園

外遊びの安全確保に苦悩 社会

4割が狭い園庭

6月13日号

思いを一冊の詩集に

長津田町の土谷宗玄さん

思いを一冊の詩集に 文化

「教え子に手渡ししたい」

6月13日号

図書室新設に向け準備

山下地域交流センター

図書室新設に向け準備 社会

7月2日開設予定

6月6日号

外国人人口10万人超え

横浜市

外国人人口10万人超え 社会

多言語相談など支援強化

6月6日号

市、夏までに詳細周知

幼児教育・保育無償化

市、夏までに詳細周知 社会

コールセンター開設も

5月30日号

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年6月20日号

お問い合わせ

外部リンク