緑区版 掲載号:2019年4月4日号 エリアトップへ

白山在住奥山真彩(まあや)さん ランバイクで世界の頂点 区長を表敬訪問

スポーツ

掲載号:2019年4月4日号

  • LINE
  • hatena
小野崎区長と一緒に笑顔を見せる真彩さん
小野崎区長と一緒に笑顔を見せる真彩さん

 白山在住の奥山真彩さん(6)が3月27日、小野崎信之緑区長を表敬訪問した。真彩さんは中国で行われたランバイクのワールドカップでの優勝を報告し、小野崎区長からは表彰状が贈られた。

 真彩さんが出場した「世界車王賽ランバイクワールドカップ」(中国広東省、2019年元日に準決勝・決勝)には、日本・中国・台湾・アメリカなど8つの国と地域から約1500人が参加した。2歳から10歳の各部門でレースが行われ、「5歳女子の部」「5歳最速決定戦」(男女混合)の2部門で優勝し、初開催となった世界最高レベルの同大会で2冠を達成した。

 ランバイクは足で地面を蹴って走るペダルのない2輪車。補助輪を使用するより早く自転車に乗れるようになるようなことで人気を集めている。

 表敬訪問当日は、小野崎区長から真彩さんへ表彰状が手渡された。小野崎区長から「優勝おめでとう。すごかったね」と声を掛けられた真彩さんは照れた表情で頷いていた。

 父・正之さんの勧めでランバイクに乗り始めたのは真彩さんが3歳半の頃。その後、大会に出場するようになり好成績を収められるようになった。そこで正之さんは安定した練習環境などを求めて「横浜本牧レーシング」に所属させ練習を積み重ねてきた。今回のワールドカップには、全日本選手権で5歳の部(当時)で1位となり出場を決めた。「5歳女子の部」では序盤からトップに立ち独走。男女混合でも接戦をものにした。

 正之さんは「まさかワールドカップで1位になるとは思っていなかったので嬉しい。何より本人の自信につながったと思う」と話した。

 また、小野崎区長は「頑張ったね。日本でも一番、世界でも一番だし、緑区の誇りです」と言葉と掛けた。

大会中の真彩さん(保護者提供)
大会中の真彩さん(保護者提供)

緑区版のトップニュース最新6

外遊びの安全確保に苦悩

横浜市内認可保育園

外遊びの安全確保に苦悩 社会

4割が狭い園庭

6月13日号

思いを一冊の詩集に

長津田町の土谷宗玄さん

思いを一冊の詩集に 文化

「教え子に手渡ししたい」

6月13日号

図書室新設に向け準備

山下地域交流センター

図書室新設に向け準備 社会

7月2日開設予定

6月6日号

外国人人口10万人超え

横浜市

外国人人口10万人超え 社会

多言語相談など支援強化

6月6日号

区内から2店舗が出品

ガチハンバーグ!

区内から2店舗が出品 社会

6月1日から投票開始

5月30日号

市、夏までに詳細周知

幼児教育・保育無償化

市、夏までに詳細周知 社会

コールセンター開設も

5月30日号

鴨居まち研が20周年

鴨居まち研が20周年 社会

協力企業らと祝賀会

5月23日号

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 3月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年6月13日号

お問い合わせ

外部リンク