緑区版 掲載号:2019年4月11日号 エリアトップへ

横浜市緑区民文化センター「みどりアートパーク」の館長に就任した 小野 明男さん 川崎市在住 62歳

掲載号:2019年4月11日号

  • LINE
  • hatena

文化芸術で人と人つなぐ

 ○…「文化芸術を通じて、地域の人々の絆を作っていきたい」と思いを語った。今までやってきたコンサートなどを継続しつつ、新たに打ち出したキーワードは”文化の出前”だ。地域の様々な団体と連携を図り、館内だけに留まるのではなく、積極的に外へと出ていく。「多くの区民に音楽や演劇、アートなどに触れる機会を提供したい」。新しいみどりアートパーク改革の旗振り役を担う。

 ○…東京都生まれ。少年時代を振り返れば、鉄道の思い出ばかり。祖父が国鉄の技術者だった影響を受けた。特に、よく写真を撮りに行ったのは、北海道だという。「黒いSLと白い雪のコントラストが美しくてね」と懐かしそうに笑った。

 ○…大学に入ると、アルバイトで資金を貯めてインドを度々訪れた。貧困の残る町などを歩いた。そんな旅の途中で出会った日本メディアの記者。心の底から楽しそうに仕事をしている姿に憧れ、自身も記者の道を選んだ。神奈川新聞社入社後は、長い間神奈川県警を担当した。山梨県上九一色村にあったオウム真理教の教団施設に警察が家宅捜索に入った時も、記者として現場取材をしていたという。「毒ガスを撒いていないかを確かめるため、警察官が小鳥を連れながら、施設に近づく様子を今も覚えている」と当時を振り返った。

 ○…取材で知り合った人たちと丹沢の自然を考えるNPOを一緒に立ち上げたのは、30年前。その日以来、つながりは今も続き、一緒に米作りを行っている。「一生のつながりを持てるのが地方紙記者の醍醐味だね」とにこり。長年の間、新聞の紙面を通じて、人と人をつないできた。「今度は、文化芸術で人と人をつなぎたい」。新聞記者時代に培った力を生かして、みどりアートパークを盛り上げていく。

緑区版の人物風土記最新6

林 ゆかりさん

霧が丘地域ケアプラザの所長に就任した

林 ゆかりさん

青葉区在住 54歳

5月16日号

塚田 順一さん

緑区制50周年記念事業実行委員会の委員長を務める

塚田 順一さん

霧が丘在住 70歳

5月1日号

田中 志乃さん

中山地域ケアプラザの所長に着任した

田中 志乃さん

神奈川区在住 56歳

4月25日号

初澤 毅さん

東京工業大学で行われる「すずかけサイエンスデイ」の実行委員長を務める

初澤 毅さん

厚木市在住 60歳

4月18日号

磯野 正彦さん

緑警察署の署長に就任した

磯野 正彦さん

森の台在住 57歳

3月28日号

小林 唯さん

劇団四季『パリのアメリカ人』横浜公演出演者の一人の

小林 唯さん

横浜市在住 劇団四季俳優

3月21日号

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 3月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

相続空き家特例を学ぶ

相続空き家特例を学ぶ

造幣局のあゆみ講座も

6月3日~6月3日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月16日号

お問い合わせ

外部リンク