緑区版 掲載号:2019年4月18日号 エリアトップへ

横浜市 「子育て中の声」集め報告書に 次年度の事業計画策定に向け

社会

掲載号:2019年4月18日号

  • LINE
  • hatena
事業計画冊子(2015年発行)とグループトーク報告書
事業計画冊子(2015年発行)とグループトーク報告書

 横浜市こども青少年局はこのほど、市内全区で実施したグループトーク「みんなで話そう!横浜での子育て」の開催報告書をまとめた。同報告書は次期に策定する「横浜市子ども・子育て支援事業計画(2020年度〜24年度)」の策定に向け、作成される素案の参考資料の1つになる。

 前回、同計画を策定したときは、各区で意見交換会を実施したが、参加者が少ないことや意見を出す人が偏ってしまうなどの課題があった。そこで、横浜市内で活動する子育て当事者団体のネットワーク「みんなで話そう!横浜での子育て ワイワイ会議」のメンバーに協力を得ることでグループトークの手法に変更した。市は同ネットワークと、17年に子育てフォーラムを共同で運営した実績がある。

 グループトークは18年10月から19年1月までの期間に各区で実施され、子育て中の養育者総勢201人が参加した。トークの内容は、【1】「子育てで悩んでいること、困っていること、課題に感じていること」【2】「こうなったらいいな、こんな支援があったらいいな」【3】「私の一歩(自分にできること)」の3テーマに設定。参加者はグループを組み、ふせんに書いた自分の意見を模造紙に貼りながら、話し合った。

”場”を求める声多く

 報告書によると【1】は全1189件の意見があるなかで「保育・預かりの場の提供」(203件)に関する内容が1番多かった。【2】は全1005件のうち「子育てにやさしいまち」(159件)の意見がもっとも多かった。【3】は「地域のことを知る。人に想いを話してみる」などトークを踏まえて参加者自身ができることを考えた。同報告書は横浜市のホームページで公開されている。

提言書を提出

 同ネットワークは、今回のグループトークを踏まえ、出された意見を分析し、提言書を3月29日に市へ提出した。市の担当者は「グループトークを実施したことにより様々な意見を聞くことができた。意見を参考に事業計画を練っていきたい」と話した。同計画は20年3月までに策定される予定となっている。

緑区版のローカルニュース最新6

延べ3300人が参加

延べ3300人が参加 スポーツ

山下地区体育祭

10月17日号

50周年記念コンサート

50周年記念コンサート 文化

27日 緑公会堂

10月17日号

訂正

訂正 社会

10月17日号

資料とモノでたどる緑区

資料とモノでたどる緑区 文化

図書館で31日まで

10月17日号

生徒が縫った雑巾を贈呈

生徒が縫った雑巾を贈呈 社会

霧が丘高校が交流

10月10日号

稲刈りで実りの秋実感

稲刈りで実りの秋実感 文化

新治 谷戸の田んぼ

10月10日号

コンサート中に避難訓練

コンサート中に避難訓練 社会

みどりアートパークで

10月10日号

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

緑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク