緑区版 掲載号:2019年5月1日号 エリアトップへ

区内でがけ地調査実施 三保・寺山町など

社会

掲載号:2019年5月1日号

  • LINE
  • hatena
三保町で行われた調査の様子(4月24日撮影)
三保町で行われた調査の様子(4月24日撮影)

 神奈川県横浜川崎治水事務所は、土砂災害防止法に基づき「土砂災害”特別”警戒区域(通称・レッドゾーン)」の指定に向けて基礎調査を進めており、緑区内では現在三保町や寺山町で実施されている。

 全国地すべりがけ崩れ対策協議会の資料によると、平成19年から28年の10年間に全国平均で年間1052件の土砂災害が発生している。神奈川県内でも10年間で681件。緑区白山では26年の台風18号の影響で発生した土砂崩れによって死者を出した。

区内で630カ所

 通称・イエローゾーンと呼ばれる土砂災害警戒区域の指定対象は、「傾斜度が30度以上で高さ5メートル以上」「急傾斜地の上端から水平距離が10メートル以内」「急傾斜地の下端から急傾斜地の高さの2倍」などの区域。区内には約630カ所存在し、土砂災害から生命や身体を守るため、警戒避難体制の整備が図られている。

 今回行われている基礎調査は、土砂災害警戒区域の内、建築物に破損が生じ、住民に著しい危害が生じる恐れがあるレッドゾーンかどうかを判断するためのもの。

 区内では昨年度末から三保町と寺山町で現地調査(がけ地の確認、がけ地の地形調査・地質確認)や測量(基準点の確認、がけ地上端・下端位置の測量、構造物の端部の測量)が開始されている。

 同治水事務所の担当者は「今後は区域の設定作業を行い、基礎調査結果の公表、住民説明会を経て区域指定となる」と話した。

 (問)神奈川県横浜川崎治水事務所【電話】︎045・411・2522
 

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

緑区版のトップニュース最新6

外遊びの安全確保に苦悩

横浜市内認可保育園

外遊びの安全確保に苦悩 社会

4割が狭い園庭

6月13日号

思いを一冊の詩集に

長津田町の土谷宗玄さん

思いを一冊の詩集に 文化

「教え子に手渡ししたい」

6月13日号

図書室新設に向け準備

山下地域交流センター

図書室新設に向け準備 社会

7月2日開設予定

6月6日号

外国人人口10万人超え

横浜市

外国人人口10万人超え 社会

多言語相談など支援強化

6月6日号

区内から2店舗が出品

ガチハンバーグ!

区内から2店舗が出品 社会

6月1日から投票開始

5月30日号

市、夏までに詳細周知

幼児教育・保育無償化

市、夏までに詳細周知 社会

コールセンター開設も

5月30日号

鴨居まち研が20周年

鴨居まち研が20周年 社会

協力企業らと祝賀会

5月23日号

あっとほーむデスク

  • 3月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年6月13日号

お問い合わせ

外部リンク