緑区版 掲載号:2019年5月23日号 エリアトップへ

鴨居まち研が20周年 協力企業らと祝賀会

社会

掲載号:2019年5月23日号

  • LINE
  • hatena
あいさつに立つ保谷代表
あいさつに立つ保谷代表

 鴨居駅周辺まちづくり研究会(略称=鴨居まち研)は16日、「20周年祝賀会」を白山地区センターで実施。日頃から会の活動に協力している企業や団体の担当者など約70人で20年の節目を祝った。

 鴨居まち研の生い立ちは、1997年〜98年度に緑区役所区政推進課が主催した「鴨居駅周辺まちづくり研究会」がきっかけとなった。98年度に「道路問題」と「魅力探し」の2班に分かれて活動したが、このうちの「魅力探し」班から7人が、自主活動グループとしての「鴨居まち研」(魅力つくり隊)を発足させた。

 同研究会はこれまで、ハマロード・サポーター活動として毎週日曜日に鴨居駅や周辺道路の清掃活動を実施。2003年からの清掃回数は約800回に上っており、2016年には国土交通大臣、緑区長、横浜市長から感謝状が贈呈された。

 また、03年12月にジャズの演奏会を鴨居駅改札前で実施した「鴨居エキコン」は、今年50回目の開催を予定している。同活動も国交省の「手作り郷土賞」(16年度)に選ばれている。

 祝賀会には研究会メンバーのほか鴨居エキコンの開催に協力する企業や関連団体から約70人が参加。

 四代目となる同研究会代表を務める保谷威司代表は「メンバーの高齢化などで会存続の危機もありましたが、おかげ様で20周年を迎えることができました。30周年に向け、明るく、楽しく、仲良く、無理をしないで活動を継続していきたい」とあいさつした。

 また、発足メンバーで、現在相談役を務める狩野陽二氏は「これまで地域に根差した活動を続けてこられたのも、会を支えて下さった皆さんとメンバーのおかげです」と話した。

 祝賀会では、(株)地域計画研究所代表取締役・内海宏氏による基調講演「地域を楽しむつながりづくり」のほか、鴨居エキコンの協力企業への感謝状贈呈を行った。現在協力企業は16社。当日は祝賀会に出席した9社に贈呈された。贈呈企業は以下の通り。

 (有)岩岡工務店、おくだ動物病院、鴨池フォーラム、(株)ショベルサービス、中込運輸(株)、那須精密工業(株)、(有)舟木コーポレーション、ららぽーと横浜オペレーションセンター、ブナの森、(株)鴨居自動車学校、(有)串田設備、(有)三枝商事、(有)三興、(株)羽咋工業、(有)横浜西部建物、進盟ルーム・横浜
 

感謝状贈呈のようす
感謝状贈呈のようす

サービス付き高齢者住宅

優良施設「和楽久シニアレジデンス長津田」で見学随時受付中

http://mattou.jp/

よこはまあおとクリニック

「住み慣れた我が家でいつまでも自分らしく過ごしたい」という思いを大切に。

https://aoto-zaitaku.com/

<PR>

緑区版のトップニュース最新6

医療体制拡充に56億円

横浜市

医療体制拡充に56億円 政治

コロナ第2、3波に備え

7月2日号

起業支援拠点が本格稼働

起業支援拠点が本格稼働 経済

セミナールームも初公開

7月2日号

8月代替大会開催に喜び

県高校野球

8月代替大会開催に喜び スポーツ

「3年生集大成の場に」

6月25日号

どう変わる?学校生活

市立小中

どう変わる?学校生活 教育

7月に給食・部活再開

6月25日号

レモンで地域交流を

霧が丘6丁目

レモンで地域交流を 社会

更なる取り組みを検討

6月18日号

児童虐待、潜在化を危惧

横浜市

児童虐待、潜在化を危惧 社会

休校などで相談数「微減」

6月18日号

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

慈眼寺墓苑 樹木葬墓地完成

1区画(3霊)30万円~ ☎0120・514・194へ

http://www.514194.co.jp

<PR>

あっとほーむデスク

  • 6月25日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

  • 3月26日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月2日号

お問い合わせ

外部リンク