緑区版 掲載号:2019年5月30日号 エリアトップへ

幼児教育・保育無償化 市、夏までに詳細周知 コールセンター開設も

社会

掲載号:2019年5月30日号

  • LINE
  • hatena

 幼児教育・保育を10月から無償化する改正子ども・子育て支援法が5月10日、国会で成立した。無償化に伴う事務を担う横浜市は実施に向けた準備を進め、夏休みまでにはそれぞれの施設を通じて詳細を案内する予定。また、保護者の不安解消のため、今月末までに専用のコールセンターを開設する。

 幼児教育・保育の無償化は、幼児教育の重要性に加え、子育てや教育の費用負担軽減を図る少子化対策として実施される。

 3歳から5歳児では幼稚園や認可保育所、認定こども園で、全ての子どもの利用料を無償化する。ただし、通園送迎費、食材料費などは対象外。また、「子ども・子育て支援新制度」に移行していない幼稚園の利用料は、月額2万5700円を上限に助成。なお、市内の幼稚園で同制度に移行していない園は約6割となっている。

 認可外保育施設等では、保育の必要性が認定された3歳から5歳児を対象に、月額3万7千円を上限に利用料を助成。私立幼稚園等での預かり保育事業も利用料を無償化する。

 0歳〜2歳児については市民税非課税世帯を対象に無償化。認可外保育施設等は同世帯を対象に月額4万2千円を上限に助成する。

 市の担当者は「年度の途中で6歳になる場合や、自分の子どもが通う幼稚園が新制度に移行しているかなど、分かりづらい部分もあると思う。夏休みまでには各施設を通じて案内したい」と説明する。また、市は5月末までに専用のコールセンターの開設を開設し、市のHPや広報などで案内していくとしている。

識者から懸念の声も

 国の検討会でも委員を務める「保育園を考える親の会」の普光院亜紀代表は「保護者にとっては待機児童の解消や、保育の質向上のための保育士の待遇改善のほうが切実。行政が各施設をしっかりチェックできるかなど課題も多い。無償化によって子どもたちの良質な保育、教育が阻害されることのないようにしなければ」と指摘した。
 

緑区版のトップニュース最新6

還元金額5%と低調

市内飲食店利用促進事業

還元金額5%と低調 経済

利便性に課題か

1月20日号

刑法犯が減少傾向

緑警察署管内

刑法犯が減少傾向 社会

人身事故件数は増加

1月20日号

3回目接種を前倒し

横浜市

3回目接種を前倒し 社会

65歳以上、3月末完了へ

1月13日号

おみくじで、本を推薦

緑図書館

おみくじで、本を推薦 文化

新しい本との出合いに

1月13日号

「かつての賑わい取り戻す」

新春インタビュー

「かつての賑わい取り戻す」 社会

岡田区長、抱負を語る

1月6日号

3万6千人が門出

横浜市成人式

3万6千人が門出 社会

昨年に続き分散開催

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook