緑区版 掲載号:2019年6月6日号 エリアトップへ

山下地域交流センター 図書室新設に向け準備 7月2日開設予定

社会

掲載号:2019年6月6日号

  • LINE
  • hatena
現在の図書室
現在の図書室

 山下地域交流センター(北八朔町1777の1)では現在、新規購入図書や絵本などを中心に揃えた図書室新設に向けて、準備を進めている。開設は7月2日を予定している。

 山下地域交流センターは1894年(明治27年)、現在の横浜市立山下小学校の前身である「神奈川県都筑郡中里村立尋常中村小学校」(当時)として建設。1986年(昭和61年)に分校としての役目を終えた後、89年(平成元年)に旧校舎を利用して開設された。

 同交流センター管理運営委員会の神谷幹雄委員長によると、図書室は開設当初から設置されており、小説や図鑑、児童用絵本など約5000冊の図書がこれまで所蔵されてきた。しかし、新規購入図書の予算はこれまで計上しておらず、これらの図書はすべて横浜市内の図書館から譲り受けたもので、近年では経年劣化が目立っていた。加えて、現在は専用の図書室ではなく会議室を兼ねているため、使い勝手が悪かったという。「特に汚れが目立つ絵本などは、子どもたちが手に取らないんです」と、神谷委員長は語る。

「専用の図書室を」

 こうしたことから同交流センター管理運営委員会では、昨年度から専用図書室の新設を企画し、検討を重ねてきた。また、昨年度末まで適正な本の数に削減することを目的とし、希望者に対し図書を無料で譲渡してきた。

 今年度に入り、新図書室の整備と、現在の図書室を「1階会議室」とすることが正式に決定。10万円の予算を計上した。

 新設図書室は、建物2階にある小会議室に本棚を設置し利用する予定だ。資料性の高い図書を除き、約3000冊となった図書は処分。新規購入図書や、「いわさきちひろ作品」を中心とした絵本、防災関係図書など約100冊が並ぶ予定。また、「おもしろ科学たんけん工房DVD」や、港北ニュータウンからの発掘品、壺、石斧も展示される。

 神谷委員長は「今後は年間5万円を計上し、新規図書を購入していく予定」と話した。

 開館時間は午前9時〜午後5時(月曜・日曜午後・祝日休館)。

 (問)山下地域交流センター【電話】045・931・9386

現在の小会議室
現在の小会議室

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

緑区版のトップニュース最新6

コーヒーで生産者を応援

東洋英和女学院大生

コーヒーで生産者を応援 教育

企業とSDGsに貢献

1月23日号

防災スピーカー 設置進む

防災スピーカー 設置進む 社会

市、3年かけ全域に整備

1月23日号

地域の居場所創出へ

三保地区

地域の居場所創出へ 文化

住民主体の取り組み進む

1月16日号

「指定ごみ袋制」検討へ

横浜市

「指定ごみ袋制」検討へ 社会

環境への配慮も背景に

1月16日号

オール緑が県の頂点

少年野球大会

オール緑が県の頂点 スポーツ

「ONE TEAMで挑んだ」

1月16日号

緑区の魅力を再発見

新春区長インタビュー

緑区の魅力を再発見 社会

各事業で50周年をお祝い

1月9日号

「北西線」3月22日開通

市・首都高共同事業

「北西線」3月22日開通 社会

市内経済活性化など期待

1月9日号

6/12家族葬一般葬の相談会

十日市場ほうさい殿で費用・内容などさまざまな疑問や不安にお答えいたします。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

あっとほーむデスク

  • 3月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

地震・台風から命を守る

地震・台風から命を守る

3月7日 公会堂で講演会

3月7日~3月7日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

緑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月23日号

お問い合わせ

外部リンク