緑区版 掲載号:2019年6月13日号 エリアトップへ

親子で田植えに挑戦 新治市民の森で

文化

掲載号:2019年6月13日号

  • LINE
  • hatena
田んぼの中で一直線に並び、手足を泥だらけにしながら田植えを楽しむ親子ら
田んぼの中で一直線に並び、手足を泥だらけにしながら田植えを楽しむ親子ら

 新治市民の森の谷戸の田んぼで8日、田植えが行われていた。

 谷戸の田んぼ付近の環境保全活動や、田んぼの管理などを行っている新治谷戸田を守る会(原洪会長)が主催した。

 同会では毎年、会員らで田植えを実施している。今年は、地域の親子らにも田植えを楽しんでもらいたいと、親子で参加できるイベントとして田植えを企画したという。

 当日は、親子ら32人が参加。苗の植え方の説明を受けた後、田んぼへ。田んぼに一直線に並び、泥だらけになりながら、苗を植える姿が見られた。

 今回植えたのは、うるち米の「はるみ」。9月下旬頃に今回参加したメンバーで稲刈りも行う予定だという。

 また、谷戸の田んぼで収穫された米は、11月頃に開催される予定の「新治里山秋まつり」で販売もされる。

 原会長は「横浜にこのような自然豊かな場所があることに驚いた参加者もいただろう。親子で田植えを楽しんでもらえたと思う。自然に触れて、米作りなどに興味をもってもらえればうれしい」と話した。

 家族で参加した青木香樹さん(7)は「初めて田植えをした。最初は、泥だらけの田んぼに入るのは気持ち悪かった。でも、やっていくうちにとても楽しくなった。苗を植えるスピードも速くなった。秋に稲刈りをして、お米を食べることが楽しみ」と笑顔を見せた。

街の不動産屋があなたをサポート

横浜市緑区の不動産は「青木ハウジング株式会社」へ!

https://www.aokihousing.co.jp/

<PR>

緑区版のローカルニュース最新6

安全運転を再確認

安全運転を再確認 社会

JAF主催の講習会

7月18日号

中国の児童らと交流

中国の児童らと交流 教育

新治小6年

7月18日号

小林さんが新人奨励賞

長津田出身

小林さんが新人奨励賞 文化

全国公募の作品展で

7月18日号

外国人と交流を深める

外国人と交流を深める 文化

霧が丘でイベント

7月18日号

大島花子さんの歌声響く

大島花子さんの歌声響く 社会

緑公会堂で特別講演会

7月18日号

欧州へタイムトリップ

欧州へタイムトリップ 文化

8月2日 コンサート

7月18日号

新図書室オープン

新図書室オープン 文化

山下地域交流センター

7月18日号

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 3月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年7月18日号

お問い合わせ

外部リンク