緑区版 掲載号:2019年6月13日号 エリアトップへ

長津田町の土谷宗玄さん 思いを一冊の詩集に 「教え子に手渡ししたい」

文化

掲載号:2019年6月13日号

  • LINE
  • hatena
まとめあげた詩集を持つ土谷さん
まとめあげた詩集を持つ土谷さん

 中学校教員を務める土谷宗玄さん=中面人物風土記で紹介=がこのほど、一冊の詩集をまとめあげた。生き方についてのメッセージが綴られた詩集のタイトルは、「生きる」。「教え子に読んでほしい」と話す。

 土谷さんは現在、都筑区内の中学校で教員を務めている。過去には、小学校教員も務め、ダンスの指導や陸上競技部顧問などとして、多くの子どもと深く関わってきた。

 小中学校を卒業していった教え子は、中高生などになり、卒業後も多くの悩み相談を受けてきた。内容は「進路」や「人間関係」など様々。中には、社会人となって就職先の企業で受けた理不尽な扱いを相談されたこともあるという。

 卒業生から相談を受けていく中で、単にその場でアドバイスするだけではなく、自身が伝えたい思いを一冊にまとめて手渡しすれば、教え子のためになると考えるようになったという。

 今年の2月に詩集を作成する夢を叶えるために弊社に連絡した。

 その後、約4カ月をかけてまとめあげた。「自身の思いを短い言葉にまとめるのに苦労した」と振り返った。

「生き方を伝えたい」

 詩集では、「思考」「社会」「時間」「進化」など10個のテーマでそれぞれの言葉を綴っている。これまで教員として、子どもたちに伝えてきたメッセージが多く並んでいるという。

 今後、同窓会など卒業した子どもたちに会う時に直接手渡ししていくのだという。「本にすることで、繰り返し読んでもらうことができる。高い壁にぶつかったりするなど生き方に悩んだ時に詩集を開いてほしい」と土谷さんは話した。

 また、「子どもたちに前を向いてもらえるような本を作ることは私の大きな夢だった。いつまでも夢を追いかけている姿勢を自分自身も示し続けたい」と微笑んだ。

街の不動産屋があなたをサポート

横浜市緑区の不動産は「青木ハウジング株式会社」へ!

https://www.aokihousing.co.jp/

<PR>

緑区版のトップニュース最新6

コーヒーで生産者を応援

東洋英和女学院大生

コーヒーで生産者を応援 教育

企業とSDGsに貢献

1月23日号

防災スピーカー 設置進む

防災スピーカー 設置進む 社会

市、3年かけ全域に整備

1月23日号

地域の居場所創出へ

三保地区

地域の居場所創出へ 文化

住民主体の取り組み進む

1月16日号

「指定ごみ袋制」検討へ

横浜市

「指定ごみ袋制」検討へ 社会

環境への配慮も背景に

1月16日号

オール緑が県の頂点

少年野球大会

オール緑が県の頂点 スポーツ

「ONE TEAMで挑んだ」

1月16日号

緑区の魅力を再発見

新春区長インタビュー

緑区の魅力を再発見 社会

各事業で50周年をお祝い

1月9日号

「北西線」3月22日開通

市・首都高共同事業

「北西線」3月22日開通 社会

市内経済活性化など期待

1月9日号

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 3月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

地震・台風から命を守る

地震・台風から命を守る

3月7日 公会堂で講演会

3月7日~3月7日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

緑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月23日号

お問い合わせ

外部リンク