緑区版 掲載号:2019年8月8日号 エリアトップへ

区内浜なし 日照不足に負けずに成長 8月上旬から販売を開始

経済

掲載号:2019年8月8日号

  • LINE
  • hatena
浜なしの成長を見守る落合組合長
浜なしの成長を見守る落合組合長

 「よこはまブランド」として、区内では、小山町や北八朔町で栽培されている「浜なし」。日照不足の影響も心配されたが、例年通りの成長を見せ、農家は胸をなでおろしている。農家の庭先での販売も始まった。

 「浜なし」は、市内の認定果樹生産者団体の統一ブランド名で、「新水」、「幸水」、「豊水」などが主な品種だ。

 市場には出回らず、樹上で十分に完熟した大玉を庭先などで販売している。

 小山町地域の11園で組織される小山果樹組合の落合清治組合長(落合園)は、「日照不足の影響はほとんどない。若干収穫時期が昨年に比べて遅い程度で安心している」と笑顔を見せた。

 同園では、4月6日頃に開花を確認。受粉作業は、4月17日に終了したという。そこから約1カ月の間で、果実の発育と枝を保護するために間引きする「摘果」を実施。

 今年、関東甲信地方では、平年よりも8日遅く、昨年に比べると30日遅い7月29日頃に梅雨明けしたと見られる。

 同園で栽培している三品種の中で一番早い収穫となる新水は7月31日現在で直径約80〜90mm。「例年通りの大きさに育ってくれてうれしい」と落合組合長。

 収穫作業は、7月下旬頃から開始され、8月上旬頃からはそれぞれの農家の庭先などで販売されている風景が数多く見られた。

「浜なし味わって」

 小山果樹組合では、中山駅北口前での梨直売所を19日(月)にオープンさせる予定だという。時間は、午後1時から。売り切れ次第終了する。「それぞれの農家が手間暇をかけて、一生懸命育てた浜なし。是非、味わってほしい。きっと喜んでもらえるはず」と落合さんは太鼓判を押した。問い合わせは、落合さん【電話】045・932・5223へ。

 また、そのほかにも北八朔農産物直売所(北八朔町216の1)も8月16日(金)正午からオープンする(9月中旬までを予定)。問い合わせは、【携帯電話】090・3204・0839へ(販売期間のみ)。

緑区版のトップニュース最新6

女子団体で全国出場

バドミントン

女子団体で全国出場 スポーツ

監督「目指すは入賞」

5月19日号

中小企業6割が「未着手」

脱炭素

中小企業6割が「未着手」 社会

市、ガイドラインを作成

5月19日号

活動報告をデジタル化

横浜市消防団

活動報告をデジタル化 社会

負担減へ一部先行導入

5月12日号

ボランティアと森再生へ

GROUP創造と森の声

ボランティアと森再生へ 社会

伐採木利用し体験企画

5月12日号

市が受入・定着を後押し

外国の介護人材

市が受入・定着を後押し 社会

事業所にセミナーと研修

5月5日号

適切な処置で人命救助

適切な処置で人命救助 社会

緑消防署から3人に感謝状

5月5日号

あっとほーむデスク

  • 4月21日0:00更新

  • 4月14日0:00更新

  • 3月18日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「轍(わだち)」テーマに第33回公演

都筑太鼓

「轍(わだち)」テーマに第33回公演

6月4日 昼・夜2回開催

6月4日~6月4日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook