緑区版 掲載号:2019年8月8日号 エリアトップへ

横浜市 暑さ対策 ミスト設置推進 商店街や駅などで整備

社会

掲載号:2019年8月8日号

  • LINE
  • hatena
新横浜駅に設置されたミスト式冷却機
新横浜駅に設置されたミスト式冷却機

 横浜市は暑さ対策の一環としてミスト装置の設置を推進している。今年度初めて商店街への設置補助を事業化。6月にはパナソニック株式会社と連携協定を締結し新横浜駅に設置した。市内で「涼スポット」を創出していきたい考えだ。

 市内では昨年、7月と8月で真夏日が50日以上観測され「災害級の猛暑」を記録した。今年も猛暑が予想され、暑さや熱中症対策は喫緊の課題だ。

 市は、リーフレットの配布やホームページなどで熱中症への注意喚起をしているが、これに加え今年度はハード面を強化している。霧を噴霧し周辺の気温を2〜3℃下げる効果があるといわれるミストの設置を推進。その一環として装置の購入やリース費用を補助する「商店街ミスト装置設置事業」を初めて約500万円予算化した。市によると、6月末までの期限で8件の申請があった。

 左近山ショッピングセンター=旭区=は昨夏、猛暑が客足に影響したこともあり同事業で8月中に設置する予定だ。青木栄一会長は「昨年は暑い日中を避け涼しくなる夕方以降に来店する人が多く対策が急務だった。話題づくりにもつながる」と効果を期待する。

 一方、磯子区役所は、区の事業として区役所前に今年度から導入した。担当者は「噴霧の様子が『涼』を演出している」と視覚的な効果も話す。

ラグビーW杯、五輪でも

 公民で連携した取組も進められている。パナソニックとの協定では、9月30日まで新横浜駅ペデストリアンデッキに同社製のミスト式冷却機を2台設置した。同駅周辺の横浜国際総合競技場=港北区=では9月20日にラグビーW杯が開幕。市は残暑が懸念される9月中、競技場周辺にもミストの設置を検討している。

 さらに来年は、東京五輪・パラリンピックの開催も控えている。大会組織委員会は暑さ対策として、手荷物検査場の待機列エリアへの日よけテントや送風機の設置を想定。「その他の対策については引き続き検討する」としている。

 市は、連携協定の取組を踏まえ、会場周辺エリアへのミスト設置を展開し、「涼」を提供する取組を進めるとしている。

緑区版のトップニュース最新6

女子団体で全国出場

バドミントン

女子団体で全国出場 スポーツ

監督「目指すは入賞」

5月19日号

中小企業6割が「未着手」

脱炭素

中小企業6割が「未着手」 社会

市、ガイドラインを作成

5月19日号

活動報告をデジタル化

横浜市消防団

活動報告をデジタル化 社会

負担減へ一部先行導入

5月12日号

ボランティアと森再生へ

GROUP創造と森の声

ボランティアと森再生へ 社会

伐採木利用し体験企画

5月12日号

市が受入・定着を後押し

外国の介護人材

市が受入・定着を後押し 社会

事業所にセミナーと研修

5月5日号

適切な処置で人命救助

適切な処置で人命救助 社会

緑消防署から3人に感謝状

5月5日号

あっとほーむデスク

  • 4月21日0:00更新

  • 4月14日0:00更新

  • 3月18日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「轍(わだち)」テーマに第33回公演

都筑太鼓

「轍(わだち)」テーマに第33回公演

6月4日 昼・夜2回開催

6月4日~6月4日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook