緑区版 掲載号:2019年8月15日号 エリアトップへ

十日市場町在住加藤さん 学べず、眠れず、食べられず 戦争体験者インタビュー

社会

掲載号:2019年8月15日号

  • LINE
  • hatena
戦争について語る加藤さん
戦争について語る加藤さん

 終戦から74年が経つ。十日市場町に住む加藤昌子さん(90)は、戦争が激しさを増すと、学校にも行けず、勤労奉仕の日々を送った。「戦争は絶対にしてはいけない」と語気を強める加藤さんに話を聞いた。

 戦争が激しさを増したのは、加藤さんが15歳の頃。学校に行くこともできず、菊名(港北区)にあった軍事工場で魚雷づくりを行う日々を送っていたという。「会話をすることは一切許されず、朝から晩まで国のために働いた。勉強の話も一切できる雰囲気ではなかった」と振り返った。「神風」と書かれた鉢巻きを付け、女性も軍服を着て、全員が勤労奉仕を行っていた時代だった。

恐ろしい記憶

 その後、当時実家のあった三保町で農家を手伝っていたという加藤さん。母親と農作業をしていると、「ヒュー」という音とともに、突然米軍機が現れ、慌てて逃げる2人に向けて射撃。必死の思いで用水路に逃げ込み、なんとか生き延びることができた。「警報も鳴らず、突然の出来事。本当に恐ろしかった」と声を震わせた。

 夜には、毎晩のように空襲警報が鳴り響いた。そのたびに、急いで防空壕へと逃げ込んだという。「ぐっすり眠れた記憶はない。いつも怯えながら夜を迎えた」と加藤さんは振り返った。

 農家にもかかわらず、「白いご飯など食べたことはない。みんな、兵隊さんのために持っていかれたからね」。リンゴの皮や大根の葉など食べられるものはなんでも食べて飢えをしのいでいた。

平和を切に願う

 「自身の戦争体験を伝えてほしい」と新治小学校で児童に向けて話したこともある加藤さん。「”学べず、眠れず、食べられない日々”だったね。今の児童が当たり前に学んだりできることをうらやましく思う。平和であるということが、どんなに幸せなことなのか。戦争は絶対にいけない。平和な日本が続くように、戦争を知らない世代も知る努力をしてほしい」と率直な思いを述べた。

緑区版のトップニュース最新6

空き家相談 周知に課題

空き家相談 周知に課題 社会

窓口開設も利用者低調

2月20日号

3本柱で皆に優しい街へ

2020年度緑区予算案

3本柱で皆に優しい街へ 社会

自主企画事業が微増

2月20日号

バリアフリー化進む

十日市場駅周辺地区

バリアフリー化進む 社会

ロータリー間もなく終了

2月13日号

過去最小の水準に

2019年市内出火率

過去最小の水準に 社会

火災件数も減少傾向続く

2月13日号

長津田第二が準優勝

ミニバス男子

長津田第二が準優勝 スポーツ

県大会で創部初

2月6日号

6年ぶりのマイナス編成

横浜市予算案

6年ぶりのマイナス編成 政治

IR推進に4億円

2月6日号

無料「もの忘れ検診」開始

横浜市

無料「もの忘れ検診」開始 社会

県内初、65歳以上が対象

1月30日号

残暑お見舞い申し上げます

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

横浜創英大学

8/9・10・24 オープンキャンパスを開催中!詳しくはHPから!

http://www.soei.ac.jp

横浜創英大学

8/9・10・24 オープンキャンパスを開催中!

http://www.soei.ac.jp

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

本の魅力を語り合おう

本の魅力を語り合おう

全2回「共読」講座

3月7日~3月21日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

緑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク