緑区版 掲載号:2019年8月15日号 エリアトップへ

十日市場町在住加藤さん 学べず、眠れず、食べられず 戦争体験者インタビュー

社会

掲載号:2019年8月15日号

  • LINE
  • hatena
戦争について語る加藤さん
戦争について語る加藤さん

 終戦から74年が経つ。十日市場町に住む加藤昌子さん(90)は、戦争が激しさを増すと、学校にも行けず、勤労奉仕の日々を送った。「戦争は絶対にしてはいけない」と語気を強める加藤さんに話を聞いた。

 戦争が激しさを増したのは、加藤さんが15歳の頃。学校に行くこともできず、菊名(港北区)にあった軍事工場で魚雷づくりを行う日々を送っていたという。「会話をすることは一切許されず、朝から晩まで国のために働いた。勉強の話も一切できる雰囲気ではなかった」と振り返った。「神風」と書かれた鉢巻きを付け、女性も軍服を着て、全員が勤労奉仕を行っていた時代だった。

恐ろしい記憶

 その後、当時実家のあった三保町で農家を手伝っていたという加藤さん。母親と農作業をしていると、「ヒュー」という音とともに、突然米軍機が現れ、慌てて逃げる2人に向けて射撃。必死の思いで用水路に逃げ込み、なんとか生き延びることができた。「警報も鳴らず、突然の出来事。本当に恐ろしかった」と声を震わせた。

 夜には、毎晩のように空襲警報が鳴り響いた。そのたびに、急いで防空壕へと逃げ込んだという。「ぐっすり眠れた記憶はない。いつも怯えながら夜を迎えた」と加藤さんは振り返った。

 農家にもかかわらず、「白いご飯など食べたことはない。みんな、兵隊さんのために持っていかれたからね」。リンゴの皮や大根の葉など食べられるものはなんでも食べて飢えをしのいでいた。

平和を切に願う

 「自身の戦争体験を伝えてほしい」と新治小学校で児童に向けて話したこともある加藤さん。「”学べず、眠れず、食べられない日々”だったね。今の児童が当たり前に学んだりできることをうらやましく思う。平和であるということが、どんなに幸せなことなのか。戦争は絶対にいけない。平和な日本が続くように、戦争を知らない世代も知る努力をしてほしい」と率直な思いを述べた。

緑区版のトップニュース最新6

女子団体で全国出場

バドミントン

女子団体で全国出場 スポーツ

監督「目指すは入賞」

5月19日号

中小企業6割が「未着手」

脱炭素

中小企業6割が「未着手」 社会

市、ガイドラインを作成

5月19日号

活動報告をデジタル化

横浜市消防団

活動報告をデジタル化 社会

負担減へ一部先行導入

5月12日号

ボランティアと森再生へ

GROUP創造と森の声

ボランティアと森再生へ 社会

伐採木利用し体験企画

5月12日号

市が受入・定着を後押し

外国の介護人材

市が受入・定着を後押し 社会

事業所にセミナーと研修

5月5日号

適切な処置で人命救助

適切な処置で人命救助 社会

緑消防署から3人に感謝状

5月5日号

あっとほーむデスク

  • 4月21日0:00更新

  • 4月14日0:00更新

  • 3月18日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「轍(わだち)」テーマに第33回公演

都筑太鼓

「轍(わだち)」テーマに第33回公演

6月4日 昼・夜2回開催

6月4日~6月4日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook