緑区版 掲載号:2019年8月22日号 エリアトップへ

竹箸で食べるソーメン 新治市民の森愛護会主催

社会

掲載号:2019年8月22日号

  • LINE
  • hatena
流れてくるソーメンをつかむ子ども
流れてくるソーメンをつかむ子ども

 新治市民の森愛護会(大川浩司会長)は4日、同市民の森内のいけぶち広場で「こども森の日夏祭り」を開催した。

 こども森の日は季節ごとに年間4回開催されており、夏祭りも毎年恒例となっている。

 当日は約140人が参加した。参加者は森の中で竹を伐採。その竹をのこぎりで切り、器を作製した。また、事前に用意された竹を小刀で削って箸を完成させた。今年で3度目の参加となった佐藤悠人くん(十日市場町在住)は「削るのが楽しかった。難しかったけど上手にできた」と笑顔を見せた。その後は、会場に用意されたレーンで流しソーメンを開始。紙谷翔平くん(9)・大成くん(5)兄弟(新治町在住)は個々で作製した箸と器を使って、夏のひと時を楽しんでいた。

 大川会長は「森は生きた教科書。森の中で四季折々の自然を感じてほしい」と話した。

小刀で箸を作成
小刀で箸を作成

緑区版のローカルニュース最新6

「笑顔溢れる明るい年に」

「笑顔溢れる明るい年に」 社会

緑区賀詞交換会

1月13日号

劇団四季初のコンサート

劇団四季初のコンサート 文化

2月8日から横浜公演

1月13日号

食品の寄付を受け付け

食品の寄付を受け付け 社会

「コロナ禍で助け合いを」

1月13日号

消費生活出前講座を開催

消費生活出前講座を開催 社会

東本郷地域ケアプラザ

1月13日号

明るい未来願って

成人式

明るい未来願って 文化

3万6千人が節目

1月13日号

7党県代表が年頭所感

7党県代表が年頭所感 政治

コロナ禍の重点施策語る

1月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook