緑区版 掲載号:2019年8月22日号 エリアトップへ

「食中毒にご注意を」 アピタで啓発イベント

社会

掲載号:2019年8月22日号

  • LINE
  • hatena
食中毒キャンペーンを盛り上げた吹奏楽演奏
食中毒キャンペーンを盛り上げた吹奏楽演奏

 アピタ長津田店で6日、食中毒予防キャンペーンが行われた。

 横浜市では、8月1日を「市民食品衛生の日」と定め、食中毒を無くすことを目指している。

 同キャンペーンは、同日に合わせて、緑区食品衛生協会と緑福祉保健センターが毎年夏の時期に主催をしている。

 当日は、来場者向けに食の安全に関するアンケートや食中毒クイズなどが行われていたほか、食中毒予防の3原則が書かれたうちわなども配られていた。

 原則の1つ目は「つけない」。調理前は、必ずせっけんで手を洗うことや、肉や魚などの食材を切った包丁やまな板は消毒してから使うことがポイントだ。

 2つめは「ふやさない」。冷蔵庫の温度は10度以下に保つことや、長時間室温に放置しないことが重要だ。

 最後は、「やっつける」。食品は中心部までしっかりと加熱することや野菜などの生で食べる物は流水でしっかり洗うことなどが呼びかけられていた。

 また、霧が丘学園の吹奏楽部による演奏も披露され、買い物客など、多くの人で会場は賑わいを見せていた。

 室谷洋一緑福祉保健センター長は「夏は高温多湿になるので、食中毒に特に注意が必要。まずは、一番の基本である手洗いを徹底して」と話した。

 また、緑区食品衛生協会の三谷英雄会長は「霧が丘学園の吹奏楽部演奏もあり、多くの人が足を止めてくれた。食中毒予防に関心を持つ人が増えて、健康な夏を過ごしてもらえればうれしい」と述べた。

緑区版のローカルニュース最新6

「笑顔溢れる明るい年に」

「笑顔溢れる明るい年に」 社会

緑区賀詞交換会

1月13日号

劇団四季初のコンサート

劇団四季初のコンサート 文化

2月8日から横浜公演

1月13日号

食品の寄付を受け付け

食品の寄付を受け付け 社会

「コロナ禍で助け合いを」

1月13日号

消費生活出前講座を開催

消費生活出前講座を開催 社会

東本郷地域ケアプラザ

1月13日号

明るい未来願って

成人式

明るい未来願って 文化

3万6千人が節目

1月13日号

7党県代表が年頭所感

7党県代表が年頭所感 政治

コロナ禍の重点施策語る

1月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook