緑区版 掲載号:2019年9月19日号 エリアトップへ

怒らない方法を伝える 栗原加代美氏が講演

文化

掲載号:2019年9月19日号

  • LINE
  • hatena
講演する栗原さん
講演する栗原さん

 緑区市民活動支援センター(みどりーむ)で10日、「怒りで全てを失う!怒りの初期消去法」と題した講演会が開催された。

 怒りをコントロールし、円滑なコミュニケーションを促進する方法を学んでもらおうと企画された同講演会。講師として、NPO法人「女性・人権支援センター ステップ」理事長の栗原加代美氏を迎えた。栗原氏は、DV(ドメスティックバイオレンス)の加害者を更生するプログラムに取り組んでおり、怒りをコントロールする「アンガーマネンジメント」を全国各地で伝えている。

 講演では、怒りは、理想と現実のギャップが生じた時に生まれることを説明していた。「相手が悪いとばかり思わずに、良い所を探してみよう」と呼びかけていた。

 また、マイナス思考で物事を考えるのではなく、プラス思考で物事を考えると、怒りを消すことができると伝えた。例として、栗原さんの孫が高価な絨毯に落書きをした際の考え方を示した。「『絨毯が汚れてしまった』とマイナスに考えるのではなく、『孫が絵を描けるくらい成長した』と捉える。孫の成長の記録を毎日見ることができるとプラスに思えば怒りも消える」と話していた。

あいづちで変わる

 最後には、2人1組となり、あいづちの打ち方を練習していた。

 「だめだ」「だから?」「でもさ」「どうせ」などダ行で始まる言葉であいづちをするのではなく、「そうなんだね」「さすが」「その通り」「知らなかった」「素晴らしいね」「それで?」などサ行から始まる言葉であいづちをすると円滑な人間関係が築けると伝えていた。

 栗原氏は「あいづちひとつ変えるだけでも人間関係は上手くいく。ぜひ、実践してみてほしい」と講演を締めくくった。

横浜市緑区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

緑区版のローカルニュース最新6

コロナ禍での注意点を喚起

【Web限定記事】緑警察署広報車と青パト

コロナ禍での注意点を喚起 社会

彩(あや)ショルさんも協力

5月28日号

正面玄関でミニ絵画展

【web限定記事】みどりアートパーク

正面玄関でミニ絵画展 文化

地域の子どもたちが描く

5月28日号

十日市場で放火急増

十日市場で放火急増 社会

5月に入り8件

5月28日号

所属委員会決まる

所属委員会決まる 政治

横浜市会、構成新たに

5月28日号

文化芸術の担い手に支援金

【Web限定記事】横浜市

文化芸術の担い手に支援金 文化

28日から申請開始

5月28日号

県内プロ15チーム 1つに

県内プロ15チーム 1つに スポーツ

eスポーツで医療支援

5月28日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月14日0:00更新

  • 3月26日0:00更新

  • 3月12日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月28日号

お問い合わせ

外部リンク