緑区版 掲載号:2019年10月17日号 エリアトップへ

(PR)

串田設備の水廻り話 76 給水管の劣化、築30年なら要注意 給湯器の点検修理も受け付け

掲載号:2019年10月17日号

  • LINE
  • hatena
大きく破損した管
大きく破損した管

 鴨居で35年、水回り工事を請け負ってきた串田設備の串田社長によると、給水管の寿命はおおよそ決まっており、築20〜30年が経過している家は特に注意が必要だという。「この間に制度改正があり、給水管の材質が変わっています。もし、古いタイプの管が使われている場合は、冬場の寒波などによる低温が影響して亀裂などのリスクが高くなるでしょう」と話す。

 同社では昨年冬の寒波の影響で、区内で漏水工事の案件が急増したといい「水圧の変化や茶色い水がでるなどの兆候が見られたら給水管破損が考えられます。そうならないためにも30年近く経過している場合は強度の強い給水管への交換をおススメしています」と呼びかける。

 トイレ、台所、風呂、洗面所のつまりや蛇口の水漏れなど水回りのトラブルのほか、冬場に欠かせない給湯器の点検修理などの相談は地元の串田設備まで。

有限会社串田設備

緑区鴨居町2544

TEL:045-935-5345

http://www.kushida-wss.co.jp

緑区版のピックアップ(PR)最新6

「相続とその準備」これだけは必要なこと

11月19日 ラステル新横浜でセミナー

「相続とその準備」これだけは必要なこと

専門家がわかりやすく解説

11月7日号

「賢い選択」で快適な冬に

「賢い選択」で快適な冬に 社会

市資源循環局が呼びかけ

11月7日号

まずは、30分無料体験を!

まずは、30分無料体験を!

「USボーカル教室」横浜中山校

11月7日号

不動産の疑問解決

不動産の疑問解決

11月19日 無料相談会

11月7日号

「空き家・古家」の賢い対処法

後悔しない相続対策の実例を学ぶ 無料セミナー

「空き家・古家」の賢い対処法

11月15日 会場=横浜市緑区民文化センター

10月31日号

弁護士による不動産の無料個別相談会

「お悩み事」を解決

弁護士による不動産の無料個別相談会

三井住友トラスト不動産 横浜第二センターで

10月31日号

普段の備えで家を守る

株式会社明翔(アスカ)建設

普段の備えで家を守る

自宅を長持ちさせる秘訣とは?

10月31日号

宅建市民セミナー杉良太郎講演会

11月14日関内ホール 参加費無料 事前申込制1000人

https://www.kanagawa-takken.or.jp/chiiki/index.html

街の不動産屋があなたをサポート

横浜市緑区の不動産は「青木ハウジング株式会社」へ!

https://www.aokihousing.co.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

緑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月7日号

お問い合わせ

外部リンク