緑区版 掲載号:2019年11月7日号 エリアトップへ

国立新美術館 和紙ちぎり絵550点 本紙持参で入場無料

文化

掲載号:2019年11月7日号

  • LINE
  • hatena
展示作品「秋もよう」
展示作品「秋もよう」

 ハクビ和紙ちぎり絵学院は11月28日(木)から12月9日(月)まで(12月3日は休館)国立新美術館(東京都港区)で初めての創作展を開く。開場は午前10時から午後6時(最終日は午後2時)。

 美しい和紙の魅力を生かしながら絵として表現していく「和紙ちぎり絵」は、自分の感性が作品の味わいとなるアートな趣味の一つ。道具や経験も不要で気軽に始められることから、オトナの趣味として近年人気となっている。

 期間中は季節の花や風景、動物、静物など、自由な題材で創作した作品約550点を展示する。同学院は「心癒されるひととき。和紙とちぎり絵の魅力をぜひ楽しんで」と来場を呼びかける。

 入場料500円。ただし、本紙持参の場合は無料となる。イベントに関する問い合わせは同学院東京事務局【電話】03・5980・7733。

緑区版のローカルニュース最新6

「安全なくして発展なし」

「安全なくして発展なし」 社会

安全推進大会を開催

12月3日号

本当の幸せとは?

ドキュメンタリーを上映

本当の幸せとは? 文化

アートパークで20日

12月3日号

テレビ集会で55周年祝う

テレビ集会で55周年祝う 社会

十日市場小学校

12月3日号

「全ての人を元気にしたい」

鴨居商栄会

「全ての人を元気にしたい」 社会

イルミネーション点灯

12月3日号

冬野菜を収穫 

山下農園

冬野菜を収穫  文化

「大きく育ってうれしい」

12月3日号

バイオリンと書の共演

バイオリンと書の共演 文化

高嶋英輔さんソロライブ

12月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月12日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年12月3日号

お問い合わせ

外部リンク