緑区版 掲載号:2019年11月21日号 エリアトップへ

レジ袋の削減に挑戦 東洋英和大生が企画

教育

掲載号:2019年11月21日号

  • LINE
  • hatena
ワークショップの様子
ワークショップの様子

 東洋英和女学院大学(三保町32)の学生が、学内にあるコンビニのレジ袋を減らすプロジェクトに取り組んでいる。

 プロジェクトを立ち上げたのは、国際社会学部3年生の片山友理香さんと金子未空さんだ。2人は、環境問題に興味を持っており、大学での座学の学びだけではなく、周りを巻き込み、何か行動を起こせないかと考えた。2人が注目したのは、日々、大量に使用されているレジ袋だ。

 「まずは、学内でレジ袋を削減できないかと考えた」と片山さんは話す。学内にあるコンビニと交渉し、11月下旬からレジの置いてある机に、レジ袋をもらうか、もらわないかが書かれたシートを張ることになった。「レジ袋がいらない場合、『もらわない』と書かれたシートに商品を置く。そうすることで『レジ袋いらないです』という一言が言いにくい人もレジ袋をもらわないメッセージを簡単に店員に伝えられる。また、定員もタイミングよく、レジ袋がいるか、いらないかを知ることができる」と金子さんは意図を話した。

 学生の調査によると、同大の昼休み(5日間)にコンビニを利用した588人のうち、レジ袋をもらわなかったのは84人。「お菓子1つだけでもレジ袋をもらう人も」と片山さん。今後、どのくらいレジ袋が減ったかも調査していくという。

 また、14日には、環境のことを伝えるワークショップも実施。レジ袋を減らす必要性や可愛くておしゃれなエコ商品などを紹介していた。

緑区版のローカルニュース最新6

ひきこもる若者へ

ひきこもる若者へ 文化

28日、長津田でセミナー

10月22日号

増える自殺、救うには

増える自殺、救うには 社会

精神科医・内田教授に聞く

10月22日号

「多くの人にみてほしい」

「多くの人にみてほしい」 文化

写真集作った大谷元さん

10月22日号

スタンプラリーで特製景品

ガンダムリライズとコラボ

スタンプラリーで特製景品 文化

10月22日号

だれでもチャレンジ

【Web限定記事】

だれでもチャレンジ 文化

ちょっと先生による講座

10月22日号

犯罪・事故発生状況

【Web限定記事】

犯罪・事故発生状況 社会

緑警察署管内10月8日〜10月14日

10月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

緑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク