緑区版 掲載号:2019年11月21日号 エリアトップへ

今年50周年を迎えた緑区ヘルスメイトの会長を務める 山村 藤子さん 三保町在住 71歳

掲載号:2019年11月21日号

  • LINE
  • hatena

食を通じて、輪を生み出す

 ○…「私たちの健康は私たちの手で」を合言葉に活動する健康づくりボランティア「緑区ヘルスメイト」。100人を超える会員を束ね、様々なイベントなどを仕掛けている。「それぞれの得意分野を生かして、のびのび、楽しく活動しています」と笑顔を見せる。50周年を記念した講演会を企画するほか、健康に良いレシピ集をまとめあげるなど活動の幅は広がり続けている。「健康寿命を伸ばしたい」。そんな強い思いでリーダーシップを発揮する日々だ。

 ○…新潟県生まれ。両親は、教員だった。「楽しそうに仕事をする様子を見て自然と憧れを持った」と振り返る。共働きだったため、小学校の頃から料理作りは自分の役割だったという。「美味しくて、体に良い料理を作って、家族に喜んでもらっていたよ」とにこり。

 ○…小学校の教員となり、神奈川県へ。育休の時以外、38年間学校を休んだことがないことが自慢。授業中は、一度も椅子に座ることなく、児童一人ひとりに寄り添い、声をかける。そんな姿勢もあってか、「長い教員人生で、いじめや不登校は一人も出さなかった」と誇らしげな表情を見せる。仕事だけではない。日曜日に一週間分の下ごしらえを行い、健康料理も家族へ作り続けた。振り返れば、病気知らずの人生だった。定年後、健康を伝え、役に立ちたいと緑区ヘルスメイトに加入。第二の人生を力強く歩んでいる。

 ○…孫にも野菜を使った菓子を作るなど、料理を通じて触れ合う。今年もおせち料理は、親戚らと手作りする予定だ。「料理を通じて、会話に花が咲くのはうれしいね」。もちろん、おせち料理も、素材そのものの味を引き出し、塩分控えめ。いつも、健康に対する意識は欠かさない。

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

緑区版の人物風土記最新6

越水 将一さん

竹山団地に住み、神奈川大学サッカー部のコーチを務める

越水 将一さん

竹山在住 31歳

6月17日号

樋口 誠さん

身の回りの危険を予測し、安全に暮らす方法を伝える講座を行う

樋口 誠さん

寺山町在住 66歳

6月10日号

田澤 慶曉さん

霧が丘バザール実行委員会の代表を務める

田澤 慶曉さん

霧が丘在住 78歳

6月3日号

有賀 勇次さん

学習ボランティアサークル「みどりパチパチ会」の代表を務める

有賀 勇次さん

西八朔町在住 77歳

5月27日号

近(こん) 恵子さん

小型リヤカーを使って、移動しながら中古品の販売を行っている

近(こん) 恵子さん

東本郷在住 70歳

5月20日号

松田 弘さん

横浜市交通局での経験を生かし、「山下地区ささえあいバス」を運転する

松田 弘さん

北八朔町在住 82歳

5月13日号

よこはまあおとクリニック

「住み慣れた我が家でいつまでも自分らしく過ごしたい」という思いを大切に。

https://aoto-zaitaku.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter