緑区版 掲載号:2019年11月28日号 エリアトップへ

緑区内市立小 地場野菜使って記念給食 12月に第3弾も予定

教育

掲載号:2019年11月28日号

  • LINE
  • hatena
酢鶏をほおばる児童
酢鶏をほおばる児童

 緑区内の市立小学校で20日、緑区制50周年記念給食「根菜酢鶏」が児童に提供された。記念給食は10月7日に提供された「ひじきと地元健康サラダ」に続く第2弾。第3弾「ヘルシー大根お鍋」は12月18日(水)(中山・緑小は3日(火))を予定している。

 20日の給食で主菜として提供されたのは「根菜酢鶏」。豚肉ではなく、一口大にカットし衣を付けた鶏肉を170度に熱した油で揚げ、緑区産のサツマイモのほか、ピーマン、ニンジン、玉ねぎなどの野菜をタレ(酢、砂糖、ケチャップ、ウスターソースなど)と絡めて完成。660食を調理した中山小では児童にも食べやすいようにと、タレを煮詰めて酢を飛ばすなど工夫していた。また、副菜として小松菜や玉ねぎ入りの中華スープも添えられた。迎えた給食の時間、佐藤大和くん(同小3年)は「嫌いなピーマンが入ってたけど肉と一緒に食べたら美味しかった」と笑顔だった。

栄養教諭らの思い形に

 記念給食を企画・提供したのは、区内市立小学校に勤務する栄養教諭らで地場産物を活用した献立を研究する「緑区栄養教諭・学校栄養職員研究会」。昨年末頃に実施された会の中で、今年度が緑区制50周年ということもあり「記念給食を作れないか」といった話があがったことがきっかけとなり、実現に向け検討が進められてきた。そこで参考にしたのが、緑区で市内産の野菜などを積極的にメニューに取り入れる「よこはま地産地消サポート店」(14店舗)が掲載された「みどりグルメガイドマップ」(2018年10月・緑区役所発行)で紹介されたおすすめメニューなど。同サポート店のメンバーや地元農家の協力もあって実現した。

 同小の村上華奈栄養教諭は「11月の記念給食には区内産のサツマイモを使用することができてとても嬉しい。子どもたちも地産地消を身近に感じられるし、地域を盛り上げることにつながる」と話した。

 また、同サポート店の担当者は「サツマイモには、新鮮な野菜の美味しさを味わってほしいという農家の願いが込められている」と語った。
 

提供された根菜酢鶏
提供された根菜酢鶏

緑区版のトップニュース最新6

「地域の絆が優先」

区長・連長特別対談

「地域の絆が優先」 社会

Withコロナの現状

10月22日号

外国人の相談窓口開設

横浜市居住支援協議会

外国人の相談窓口開設 社会

国の人手不足対策と連動

10月22日号

簡易型録音機を配布

緑区役所

簡易型録音機を配布 社会

詐欺電話防止へ一手

10月15日号

街路灯維持 揺らぐ商店街

街路灯維持 揺らぐ商店街 経済

補助金活用も改修費重荷

10月15日号

コロナ対策で常時換気へ

市営地下鉄グリーンライン

コロナ対策で常時換気へ 経済

来年度までに全車両改修

10月15日号

「運転席無人」バスは国内初

市・企業など実証実験

「運転席無人」バスは国内初 社会

将来の労働力不足に対策

10月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

緑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク