緑区版 掲載号:2020年2月6日号 エリアトップへ

各教科でSDGsを意識 三保小学校の取り組み

文化

掲載号:2020年2月6日号

  • LINE
  • hatena
手を挙げる児童たち
手を挙げる児童たち

 三保小学校(安冨江理校長)で1月31日、SDGsに関する授業が実施された。

 SDGsとは、「誰一人取り残さない」という理念のもと、貧困や格差をなくし、持続可能な社会を実現するために2030年までに世界が取り組む行動計画のことだ。

 同校では、年間を通じて各教科でSDGsに関する授業を実施している。安冨校長は「それぞれの授業を通じて、SDGsの17の目標を理解、実践できる児童を育てていきたい」と話した。

 1年2組のクラスで行われていたのは、道徳の授業。叔父から様々な国の写真や、おもちゃを見せられた主人公が、他国の遊びなどに興味を持つという内容の教材を読んだ。

 その後、教諭が「他国の国のことを知ると、どのような良いことがあるのか」と問いかけると、児童は、「友達になれる」「自分も楽しくなれる」など意見を出し合っていた。

 同授業では、SDGsの16番目の目標「平和と公正をすべての人に」を特に意識している。

 授業を担当した高橋都子教諭は「異文化理解を深める入り口になれば良い。今年は、東京オリンピック、パラリンピックもあるので、主体的に児童が外国の文化や人のことを理解できる姿勢を持ってもらえたらうれしい」と述べた。

 授業後には、教員間で授業の良い点や改善点などを話し合っていた。

緑区版のローカルニュース最新6

ボランティアを続けよう

ボランティアを続けよう 社会

つなぐ・つながる講座

2月13日号

ドキュメンタリーを上映

ドキュメンタリーを上映 文化

SDGsに関連した映画

2月13日号

シニアの家計簿を学ぶ

シニアの家計簿を学ぶ 社会

3月7日、中山で勉強会

2月13日号

県内書家の作品一堂に

桜木町

県内書家の作品一堂に 文化

約180人が出展

2月13日号

「結婚」身近に 実践セミナー

「結婚」身近に 実践セミナー 社会

横浜市主催 親向け講座も

2月13日号

『スマホを落としただけなのに』

横浜市在住の作家志駕晃さん

『スマホを落としただけなのに』 文化

デビュー3年で続編映画化

2月13日号

横浜スカーフ大使募集

横浜スカーフ大使募集 文化

魅力を県内外にPR

2月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

日常の不安を解消

講習会

日常の不安を解消

るるる*みどり館で20日

2月20日~2月20日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月13日号

お問い合わせ

外部リンク