緑区版 掲載号:2020年2月13日号 エリアトップへ

みほ幼稚園 保護者がミニ図書館作る 長年続く取り組み

教育

掲載号:2020年2月13日号

  • LINE
  • hatena
借りてきたおすすめの本を持つボランティアの保護者たち
借りてきたおすすめの本を持つボランティアの保護者たち

 みほ幼稚園(岩澤信男園長)には、園内に”みほ文庫”という本が約300冊程度置かれているスペースがある。

 同園の在園児、保護者であれば、好きな本を自由に借りることができる。これらの本は、すべて港北図書館から借りてきた本だという。毎年、2月、6月、10月の3回に分けて、同図書館に本を返し、新たに約300冊を借りてくる作業を実施しているという。借りた本が戻ってきているかなどのチェックも行っている。作業をしているのは、ボランティアの在園児保護者18人だ。

 図書館まで行かなくても園児に身近に本に親しんでほしいと、1974年から取り組みがスタート。コンセプトは「いつでも読める、小さな図書館」だ。その後、園児の保護者によって長年の間、途切れることなく引き継がれてきた。

 現在は、児童書約200冊、一般書約80冊、紙芝居約30冊が並ぶ。

 残園児の保護者に向けて借りてきたおすすめの本を紹介する「みほ文庫便り」もボランティアメンバーの保護者が作成しているという。

 ボランティアをしている丸山志保さんは「ボランティアなので、楽しくないとなかなか続かない。作業は、楽しく、会話をしながら。保護者同士でコミュニケーションもとれるのでたのしい」と笑顔を見せた。

 クリスマス関連の本や、夏休みに読める本など本の選定も話し合いながら行っている。丸山さんは「在園児の保護者が選んだ本ばかりなので、児童や保護者に読んでもらいやすい本ばかりなはず」と自信を見せた。

 本を借りる保護者からは「紙芝居やお弁当のレシピ集、子育て本など幅広いジャンルで気になる本がたくさんあるので魅力的。図書館まで行く必要がないので、身近に本に親しめる」と好評を得ている。

 同園の山本将史副園長は「幼稚園の本だけでは限りがある。保護者がボランティアで、園児が本に親しめる環境づくりを行って頂けるのは、大変ありがたいこと。今後も楽しく、ぜひ続けてほしい」と話した。

本を確認するようす
本を確認するようす
園内にあるみほ文庫
園内にあるみほ文庫

緑区版のローカルニュース最新6

K─1空手で全日本大会へ

登日圭佑くん

K─1空手で全日本大会へ スポーツ

鴨居スクール所属

11月26日号

収穫体験の場提供

収穫体験の場提供 社会

鴨居原市民の森愛護会

11月26日号

あつまラン!フェス開催

あつまラン!フェス開催 文化

人が集まらない形で

11月26日号

本番さながらの訓練

本番さながらの訓練 社会

大規模倉庫火災を想定

11月26日号

食品の寄付を受付中

【Web限定記事】「コロナ禍で助け合いを」

食品の寄付を受付中 社会

十日市場地域ケアプラザで

11月26日号

納税表彰に15人・3団体

納税表彰に15人・3団体 社会

平野氏、浅野氏ら受彰

11月19日号

よこはまあおとクリニック

「住み慣れた我が家でいつまでも自分らしく過ごしたい」という思いを大切に。

https://aoto-zaitaku.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月12日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

緑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月26日号

お問い合わせ

外部リンク