緑区版 掲載号:2020年2月20日号 エリアトップへ

「認知症でも幸せに」 北島明佳氏が中山で講演

社会

掲載号:2020年2月20日号

  • LINE
  • hatena
講演する北島氏
講演する北島氏

 中山地域ケアプラザ多目的ホールで15日、認知症に関する講演会が開催された。緑区認知症普及啓発事業の一環で、中山地域ケアプラザとふじ寿か園地域包括支援センターが共催した。

 講演のテーマは「認知症をポジティブに捉えよう!〜認知症になっても住み慣れた街で暮らすために〜」。講師は、認知症専門の医師で、元気会横浜病院の理事長も務める北島明佳氏が務めた。

 北島氏は、年齢を重ねるごとに推定認知症有病率が高まることを指摘した上で、95歳を超えると、推定認知症有病率は8割を超えることを指摘。「長生きすることに認知症は付きもの。認知症を予防することも大切だが、認知症になったからといって、『すべてが終わり』というわけでは決してない。認知症でも幸せに生きることはできる」と述べた。

 その後、認知症の予防方法などを紹介。食事、運動、社会参加の重要性を訴えた。食事は、具体的に認知症予防になる食べ物である魚(サンマ、アジ、イワシ、サバ)や緑黄色野菜(ほうれん草、小松菜、菜の花)、コーヒー、緑茶などを具体的に紹介。運動は、ウォーキングや水中歩行、太極拳などの有酸素運動を行うことが予防になると話していた。

 また、ボランティア活動などで社会参加している人の方が認知症になりにくいと指摘していた。

 最後には、高齢者が住み慣れた地域で生活を続けられるように支援を行う「地域包括支援センター」を紹介。「何かあれば気軽に相談できるので、ぜひ、相談を」と呼びかけていた。

 なお、区内には、各地域ケアプラザやふじ寿か園の7カ所に同支援センターはある。

 参加した80代の男性は「今日学んだ予防方法を実践したい」と話した。

新横浜駅前「ラステル新横浜」

家族葬プラン 24時間ご安置・ご面会ができます 56万円税別~

http://lastel.jp/shinyokohama/

<PR>

緑区版のローカルニュース最新6

県警、交通事故対策を強化

県警、交通事故対策を強化 社会

死者数全国最多受け

4月9日号

記念碑完成祝い除幕式

荒川家家臣の会

記念碑完成祝い除幕式 文化

緑区遺産に登録

4月2日号

恩田川堤防で芝桜見ごろ

恩田川堤防で芝桜見ごろ 社会

450株咲き誇る

4月2日号

K─1空手教室が鴨居に

K─1空手教室が鴨居に スポーツ

5・7日は無料体験

4月2日号

地元飲食店が児童支援

十日市場

地元飲食店が児童支援 社会

サンマーメンなど提供

4月2日号

献血協力を呼びかけ

日赤

献血協力を呼びかけ 社会

新型ウイルス、影響で減少

3月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月26日0:00更新

  • 3月12日0:00更新

  • 3月5日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

緑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月9日号

お問い合わせ

外部リンク