緑区版 掲載号:2020年2月20日号 エリアトップへ

IR説明会 慎重に進めるべきの声 市は必要性を強調

社会

掲載号:2020年2月20日号

  • LINE
  • hatena
市長が横浜が目指すIRの姿について説明
市長が横浜が目指すIRの姿について説明

 カジノを含むIR(統合型リゾート)の実現に向けた説明会が11日、緑公会堂で実施された。

 同説明会は、横浜市がIRへの理解を求めるため昨年から各区で実施しているもの。

 説明会当日、開始時間前から会場周辺に反対派の市民らが集まり、横断幕などを掲げ「横浜にカジノはいらない」などと声を上げていた。市によると定員450人に対し397人が応募。当日は約330人が参加した。

 第1部で林市長は、過去5年間の外国人宿泊者数の伸率が全国平均(2・4%)や東京都(2・0%)に比べ横浜市が1・7%と下回っている点に加えて、観光消費額(2018年)についても大阪府の1兆2984億円に対し、横浜市は3分の1以下の3633億円である現状を説明。続いて、19年年を頂点に横浜市の人口は減少に転じ、45年後の65年には生産年齢人口が現在の約235万人から3分の2の約162万人に、老年人口は現在の約92万人から15万人増の107万人になると推計されることから、個人市民税の減少、社会保障費の増加などが見込まれ「財政的に厳しい」とした。その上で、最大1200億円の財政貢献を見込むIRの有用性を指摘。「戦略的な企業誘致」「観光・MICE都市」などの他の事業と共に展開していく重要性を示した。

 第2部の前では入場時に配布された質問票を会場から回収。221枚の質問票から司会者がランダムに抽出し林市長が回答。「千葉や北海道が誘致取りやめを決定した。横浜も取りやめ、財政については別途検討を願う」「慎重に進めるべき」などの質問に対し「市民の皆さんに丁寧に説明し、横浜にふさわしいIRを作っていきたい」と述べた。

 説明会終了後、区内在住の男性は「分かりやすい説明だったと思うが、周辺の治安や景観を守れるかどうか不安が残る」と話した。

 また、当日受け付けた質問は、横浜市のHP上のほかに市民情報センターや各区役所で閲覧できるようにするとした。

緑区版のローカルニュース最新6

ひきこもる若者へ

ひきこもる若者へ 文化

28日、長津田でセミナー

10月22日号

増える自殺、救うには

増える自殺、救うには 社会

精神科医・内田教授に聞く

10月22日号

「多くの人にみてほしい」

「多くの人にみてほしい」 文化

写真集作った大谷元さん

10月22日号

スタンプラリーで特製景品

ガンダムリライズとコラボ

スタンプラリーで特製景品 文化

10月22日号

だれでもチャレンジ

【Web限定記事】

だれでもチャレンジ 文化

ちょっと先生による講座

10月22日号

犯罪・事故発生状況

【Web限定記事】

犯罪・事故発生状況 社会

緑警察署管内10月8日〜10月14日

10月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

緑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク