緑区版 掲載号:2020年5月28日号 エリアトップへ

【Web限定記事】県園芸協会 510本のバラ寄付 県赤十字血液センターへ

社会

掲載号:2020年5月28日号

  • LINE
  • hatena
バラの花を手に笑顔を見せる松田さん夫婦(同血液センター提供)
バラの花を手に笑顔を見せる松田さん夫婦(同血液センター提供)

 県内の献血ルームで24日に行われた神奈川県赤十字血液センターによる「はなさか献血キャンペーン」で、献血者に神奈川県園芸協会(三保町2076)によって寄付されたバラ510本が配布された。

 同キャンペーンは、16日にも県内2カ所で実施しており、同協会からは洋ラン100本を寄贈。卒業式や入学式のほか、イベントの縮小や中止に伴い、生花の需要が大きく低迷している現状の中、「一番良い状態の生花を届けたい」という生産者の思いを届けるためのもの。

 第2段となった24日は、県内3件の生産者(平塚、厚木、秦野)から510本のバラが寄贈された。「横浜駅東口クロスポート献血ルーム」(西区)、「横浜Leaf献血ルーム」(同)のほか川崎市、藤沢市、厚木市など全6カ所で実施された。当日は687人が献血に協力。

 バラの花を受け取った献血協力者は皆笑顔を見せた。横浜駅東口の献血ルームを夫婦で訪れた松田幸久さん(市内在住)は「素敵な花を頂けて、今日来られて良かった」と話す。また、藤沢で献血に協力をした女性は「このご時世でこんなにたくさんの方がいらしていて、お花もプレゼントしてくださっていて、人の優しさを感じました」と話した。

 同血液センターの担当者は、「献血で患者さんの命を支えると同時に、生産者の思いが詰まったバラを多くの皆様に受け取っていただき、大変嬉しく思います」と述べた。

藤沢で献血に協力した女性(同血液センター提供)
藤沢で献血に協力した女性(同血液センター提供)

緑区版のローカルニュース最新6

4月以降は上昇傾向か

横浜市景況調査

4月以降は上昇傾向か 経済

飲食・宿泊業は厳しさ続く

1月20日号

子どものSNS使用法は?

子どものSNS使用法は? 社会

現場の声聞く講座

1月20日号

30周年に意気込み

横浜F・マリノス

30周年に意気込み スポーツ

新体制発表

1月20日号

緑区スポーツ人の集い

緑区スポーツ人の集い スポーツ

2月5日開催予定

1月20日号

獅子舞で悪魔払い良年に

獅子舞で悪魔払い良年に 文化

鴨居で200年続く行事

1月20日号

講座参加者を募集

インクルーシブダンス

講座参加者を募集 文化

4月から開講

1月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook