緑区版 掲載号:2020年8月13日号 エリアトップへ

子育てコミュニティー「NIKO」の代表を務める 井山 恵理子さん 長津田在住 33歳

コミュニティ

掲載号:2020年8月13日号

  • LINE
  • hatena

「反省しても、後悔はしない」

 ○…「子育てを楽しもう」がテーマ。子育て世代だけでなく、育児を応援したい人など多世代が集まるコミュニティーの旗振り役を担う。子育てを”応援する、される”よりよい関係を地域で築くことを目標に掲げている。子どもを地域で見守る体験会をするなど模索は続く。今年10月には、長津田で街歩きイベントを仕掛ける予定だ。「地域みんなで子どもを育てる街、長津田になれば。コロナ禍で下を向くのではなく、街を盛り上げていきたいです」と満面の笑顔を見せた。

 ○…中学時代は漫画研究部の部長を務めた。「文化祭での部活の発表をどうするか」を考え抜くなどイベントごとは昔から大好きだった。加えて好きだったのは絵を描くこと。「授業中、こっそり絵を描いていてよく怒られました」と苦笑い。好きが高じて白山高校美術コースへ進学。その後、「ドキュメンタリー」を撮りたいと、映像系専門学校へ進んだ。

 ○…だが、在学中に妊娠が分かり、学校を辞め育児に専念することに。21歳という若さで母親になった。「世間のことが何も分からないまま、母親に。必死だった。記憶が曖昧なくらい大変だった」と振り返った。2人目以降は、地域の様々な人に育児の助けを借りれるようになった。すると、余裕が生まれ、子育てを楽しめるように。「孤独な子育てはしんどい。一人で悩む人がいなくなるようにコミュニティーを作ったんです」

 ○…好きな言葉は「反省はしても、後悔はしない」。思いっきり挑戦する人生を歩みたいそう。夢は長津田に多世代が集う拠点を作ること。空き家などの物件探しに奔走中だ。「まだまだふわっとした夢の段階。でも、みんなの居場所になる拠点があったらよいよね」と顔をほころばせた。
 

緑区版の人物風土記最新6

シュウマイ潤さん(本名:種藤(たねふじ) 潤)

横浜をシュウマイの聖地と位置づけ、その魅力を発信するシュウマイ研究家

シュウマイ潤さん(本名:種藤(たねふじ) 潤)

横浜国大出身 43歳

5月7日号

大石 洋一さん

障害のことを伝えるオンラインイベントを企画している

大石 洋一さん

十日市場町在住 52歳

4月29日号

根岸 あすみさん

まちプラの代表を務める

根岸 あすみさん

霧が丘在住 36歳

4月22日号

桐(きり) 洋生(ひろたか)さん

長津田地域ケアプラザの所長に着任した

桐(きり) 洋生(ひろたか)さん

青葉区在住 49歳

4月15日号

村尾 純(まこと)さん

4月1日に開所する山下地域ケアプラザの所長に着任する

村尾 純(まこと)さん

相模原市在住 50歳

4月1日号

久保田 且男さん

4月1日に緑公会堂の館長に就任する

久保田 且男さん

港南区在住 60歳

3月25日号

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter