緑区版 掲載号:2020年9月3日号 エリアトップへ

まち歩きイベントでガイドを務める 徳永 忠次さん 鴨居在住 75歳

掲載号:2020年9月3日号

  • LINE
  • hatena

ガイドで地域の魅力発掘

 ○…9月から始まるまち歩きイベントでガイドを担当する。70歳になった頃から心掛けているのは、健康維持のために1日8千歩以上歩くこと。イベントの下見に行った際には、多くの気付きがあった。「地域の魅力を再発見してほしい」と語り、同時に健康寿命増進を目的としたイベントの準備に余念がない。

 ○…長野県で生まれ育つ。小学生の頃は町内会の行事で夏は水泳に、冬はスキーに連れて行ってもらった。楽しかった思い出は「大人になったら恩返しをしよう」という決心に変わったという。小学4年の時、学校で鉱石ラジオを作ったことで人生の転機を迎える。「音が聞こえた時の感動は今でも忘れない」。無線の偉大さに心を打たれた少年は後に大学で通信工学を学び、大学院まで進んだ。

 ○…エンジニアとして入社したのはNEC。現在のららぽーと横浜の地にあった横浜事業場でトップの立場までを経験。長年海外を飛び回る忙しい日々を送った。一方で「地元のことを全然知らない」というのがサラリーマン時代からの悩みだった。少年の頃に抱いた恩返しの思いを実現するために自治会の活動にも参加。現在は鴨居第八地区自治会副会長や連合自治会特任理事も務めている。地域活動の中で「尊敬している」と話す狩野氏からの誘いがあり「健康まち歩き『万歩の会』」のメンバーに。

 ○…趣味はゴルフで、「年間平均スコアは100前後かな」。座右の銘は”為せば成る”。自身もそうであったように、地域で活動を始めようと考えた際のきっかけにイベントがなってくれればと願う。根底にあるのは「住んで良かった」と思ってもらえる街づくり。その目標を叶えるために、今後も歩みを止めない。

緑区社会福祉協議会

〒226-0019 横浜市緑区中山2-1-1 ハーモニーみどり1階

http://www.midori-shakyo.jp/

<PR>

緑区版の人物風土記最新6

渡邉 晴彦さん

緑警察署の署長に就任した

渡邉 晴彦さん

森の台在住 58歳

9月24日号

新田 巧さん

緑土木事務所長を務める

新田 巧さん

海老名市在住 58歳

9月17日号

望月 菜南子さん

色字共感覚を持つ自身の日常を綴った手記を出版した

望月 菜南子さん

東洋英和女学院大学3年

9月10日号

徳永 忠次さん

まち歩きイベントでガイドを務める

徳永 忠次さん

鴨居在住 75歳

9月3日号

名取 勲さん

起業支援拠点「まちなかbizみどり」でラジオ部の部長を務める

名取 勲さん

東本郷在住 48歳

8月27日号

榊原 英治さん

一般社団法人日本FIDバスケットボール連盟の理事に就任した

榊原 英治さん

都筑区在住 53歳

8月20日号

よこはまあおとクリニック

「住み慣れた我が家でいつまでも自分らしく過ごしたい」という思いを大切に。

https://aoto-zaitaku.com/

慈眼寺墓苑 樹木葬墓地完成

1区画(3霊)30万円~ ☎0120・514・194へ

http://www.514194.co.jp

<PR>

あっとほーむデスク

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年9月24日号

お問い合わせ

外部リンク