緑区版 掲載号:2020年9月10日号 エリアトップへ

横浜市 町内会のICT支援へ コロナ対策で予算計上

社会

掲載号:2020年9月10日号

  • LINE
  • hatena
オンライン会議のイメージ
オンライン会議のイメージ

 コロナ禍で自治会や町内会の活動が自粛、縮小される中、感染対策と住民活動を両立させるため、オンライン会議やSNSなどのICT(情報通信技術)を活用した取組が注目されている。横浜市は9月の補正予算に「自治会町内会新しい活動スタイル応援事業」を盛り込み、ICTを活用した住民活動の支援に乗り出す。

導入きっかけの場

 横浜市は新型コロナウイルス感染症対策として補正予算案に169億円を計上し、同事業(7600万円)を盛り込んだ。自治会町内会の新しい活動スタイルを支援することが目的。今年11月から来年3月までの期間、市内の地区連合町内会(全253団体)を対象に専門家らによる出張講座・相談を実施する。

 9月中に市と協働で事業を行う民間事業者を募集し、10月に参加する自治会町内会を募る計画。日ごろICTに触れない自治会町内会の役員らにもオンライン会議やSNSなど活用例などを紹介しながら実際に体験してもらい、導入のきっかけづくりにしたい考え。

「高齢者は難しい」

 横浜市町内会連合会の藤田誠治副会長(港南区)によると、活動の現状は「全く活動していないか、制限して少しずつ始めたかのどちらか」という。ICTの活用は「スマホやタブレットを使うのは高齢の役員にとって難しい面もあり、抵抗もある。次世代を考えると取り組まなければいけない課題」と話す。

慣れでスムーズ導入

 「顔が見える形で話し合うことができるのが最高にいい」。そう話すのは港南区の吉原南町内会の佐藤正市会長。同町内会では5月からICTの活用としてオンライン上の会議システムを導入。IT企業に勤める役員がいたため、スムーズに運用することができたという。月に1度、オンライン会議を行っている。

 保土ケ谷区の常盤台地区連合町内会や中区の仲尾台・豆口台でもオンライン会議を実施した。

 市の担当者は「できる人がいないときっかけがない。地域の絆、つながりを補完する機能の1つとしてICTが活用されるといい」と話す。

緑区版のトップニュース最新6

開所に向け整備進む

山下地域ケアプラザ

開所に向け整備進む 社会

福祉保健活動の新拠点

1月21日号

コロナに負けず美術展

白山高校

コロナに負けず美術展 文化

ユーチューブで配信中

1月21日号

200カ所以上で減収

指定管理施設

200カ所以上で減収 社会

市、一部補助も

1月14日号

歌集「白杖と花びら」出版

三保町在住苅谷君代さん

歌集「白杖と花びら」出版 社会

「ありのまま詠っていく」

1月14日号

新しい生活様式意識し

新春区長インタビュー

新しい生活様式意識し 社会

区運営方針進捗など語る

1月7日号

市、15日に受付窓口開設

障害者手帳カード化導入

市、15日に受付窓口開設 社会

選択制、耐久性など向上へ

1月7日号

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月17日0:00更新

  • 11月12日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク