緑区版 掲載号:2020年10月1日号 エリアトップへ

「KSHS キチンと手術・ホンネで再建の会」の代表理事を務める 溝口 綾子さん 霧が丘在住 59歳

掲載号:2020年10月1日号

  • LINE
  • hatena

いつも明るく前を向く

 ○…「まさか、自分が」。乳がんが発覚したのは、45歳の時だ。「自分で納得して決めないと、絶対に後悔する」と自ら医療機関を選択し、治療に励んだ。乳房の再建術も行った。「命だけが助かれば良いというわけではない。胸は女性のアイデンティティ。再建も含めて、治療計画を立てた」と振り返った。そんな自身の経験をもとに、様々な情報発信や、明るく乳がんと向き合うためのセミナーなどを幅広く開催中だ。「一人でも多くの人に前を向いてほしい」と笑った。

 ○…港北区生まれ。専門学校卒業後、歯科衛生士の道へ。モットーは患者とのコミュニケーションを大切にすること。そんな姿勢もあってか、感謝の言葉をもらうことは多い。それが大きなやりがいにつながり、気が付けばこの道約40年の大ベテランだ。

 ○…乳がんの闘病中も仕事は継続。「治療費のこともあったけど」と言うが、「職場の方々のさりげないサポートにとても感謝しています」とにこり。「がんであっても、働ける社会が理想。社会の一員であり続けられたことで、気持ち的に病人とならずにいられた」と自身の体験を話した。この頃、感動することにエネルギーをもらおうと見に行ったのは、宝塚歌劇団の観劇だった。「辛い思いも見ると解消される。いつも背中を押してもらっていますね」 

 ○…毎年、開催するセミナーでは、約500人の前であいさつに立ったことも。「乳がんを患った”おかげ”で、多くの人に出会い、貴重な体験にも恵まれた」と前向きに考えている。だが今は、コロナ禍で検診に行くことを控える人が多くいることに危機感も募らせる。「早期発見することで、治療の選択肢は格段に増えるから」

緑区版の人物風土記最新6

大谷 元さん

「新治の森・花と実の写真集」を作った

大谷 元さん

十日市場町在住78歳

10月22日号

山本 博之さん

「NAKAYAMA地域子育てチャンネル」で動画を配信している

山本 博之さん

上山在住 51歳

10月15日号

朝比奈 真梨江さん

地域でベリーダンスを伝える講座を開く

朝比奈 真梨江さん

寺山町在住 33歳

10月8日号

溝口 綾子さん

「KSHS キチンと手術・ホンネで再建の会」の代表理事を務める

溝口 綾子さん

霧が丘在住 59歳

10月1日号

渡邉 晴彦さん

緑警察署の署長に就任した

渡邉 晴彦さん

森の台在住 58歳

9月24日号

新田 巧さん

緑土木事務所長を務める

新田 巧さん

海老名市在住 58歳

9月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

緑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク