緑区版 掲載号:2020年10月22日号 エリアトップへ

「新治の森・花と実の写真集」を作った 大谷 元さん 十日市場町在住78歳

掲載号:2020年10月22日号

  • LINE
  • hatena

好きこそ物の上手なれ

 ○…草花に詳しい人に聞きながら新治を巡り歩いた。定年後に趣味で始めたカメラで撮った写真は10年間で1万枚に。コロナ禍で出歩きにくくなったことを機に、「整理して一冊の本にしよう」と一念発起した。写真集に収めた花や実などの植物は800種類を超える。四季別、色別に分け、名前の由来を分かりやすくするため、漢字名を併記するなど工夫を凝らした。「定年後の集大成になった。多くの人に見てもらい、外に出かけるきっかけになれば」と優しい笑顔を見せた。

 ○…鹿児島県で製麺業を営む商人の家に生まれた。「お手伝いさんもいるお坊ちゃまだったね」と振り返った。だが、高校時代に家業が倒産、先が見えず、不安な毎日を送ることに。その後、先輩を頼って上京。「大学だけは出たい」と様々なアルバイトを行い、学費を稼いだ。無我夢中だった日々を懐かしそうに回想した。

 ○…アルバイトの一つだった郵便局に正社員として採用された。向上心が強く、「40歳までに管理職になる」と決意。言葉の通り、37歳で管理職になり、53歳で局長に就任した。局の外観にイルミネーションを施すなど、顧客を喜ばせるために様々なアイデアを実行に移していった。定年後は、”会社人”から”地域人”に。自分のできる範囲でボランティアに取り組んできたという。

 ○…納経帳を持ち、巡った観音は全国200カ所を超える。神社や古木、石仏などの写真を撮り、まとめるのが大好きだ。「目的を持って出歩くので健康にも良い」とにこり。鶴見川沿線の神社を、敬老パスを使って安く巡る方法をまとめるなど、整理力は群を抜く。今は、写真集が完成し達成感に満ちている様子。「次は、何をしようかな」と前を向いた。

緑区版の人物風土記最新6

シュウマイ潤さん(本名:種藤(たねふじ) 潤)

横浜をシュウマイの聖地と位置づけ、その魅力を発信するシュウマイ研究家

シュウマイ潤さん(本名:種藤(たねふじ) 潤)

横浜国大出身 43歳

5月7日号

大石 洋一さん

障害のことを伝えるオンラインイベントを企画している

大石 洋一さん

十日市場町在住 52歳

4月29日号

根岸 あすみさん

まちプラの代表を務める

根岸 あすみさん

霧が丘在住 36歳

4月22日号

桐(きり) 洋生(ひろたか)さん

長津田地域ケアプラザの所長に着任した

桐(きり) 洋生(ひろたか)さん

青葉区在住 49歳

4月15日号

村尾 純(まこと)さん

4月1日に開所する山下地域ケアプラザの所長に着任する

村尾 純(まこと)さん

相模原市在住 50歳

4月1日号

久保田 且男さん

4月1日に緑公会堂の館長に就任する

久保田 且男さん

港南区在住 60歳

3月25日号

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter