緑区版 掲載号:2020年11月5日号 エリアトップへ

市内商店街 「Go To」で活気戻るか 効果の一過性に懸念も

経済

掲載号:2020年11月5日号

  • LINE
  • hatena
GoTo事業で実施中のイベントチラシを持つサンモール洋光台の会長
GoTo事業で実施中のイベントチラシを持つサンモール洋光台の会長

 コロナ禍で客足が減る商店街を国が支援する「GoTo商店街事業」がこのほど、横浜市内でも始まった。これまでに市では商店街に一時金を支給する事業などを実施。しかしコロナ終息の見通しが立たないなか、GoTo事業に商店街規模にかかわらず期待が寄せられている。

 商店街は身近な買い物の場であるほか、イベントなどを通じた賑わいづくり、また街路灯の維持管理や防犯パトロールなど地域にとって重要な役割を果たしている。緊急事態宣言が出された4月以降、商店街でも例外ではなく三密となるイベントの自粛や客足が減るなど新型コロナウイルス感染症の影響を受ける。

 そこで市では、緊急事態宣言の解除後から商店街の加盟店舗数に応じ一時金(10万円×店舗数)を支給する商店街等活動支援事業を実施し、感染対策を講じながらの経済活動支援を行った。また独自に金券バックキャンペーンなど対策を行う商店街なども出てきた。一方で横浜市商店街総連合会の石川清貴会長は「普段から活動が活発な商店街は対策に動くがどこも同じように実施するのは難しい」と話す。

 そのような状況になって開始された国の「GoTo商店街事業」には規模にかかわらず多くの商店街が関心を寄せる。同事業では、1者につき上限300万円の事業費を申請でき、事業者が増えれば最大1400万円まで可。商店街の規模にかかわらず申請ができる。採択を受けた磯子区の商店街「サンモール洋光台」では接触機会が少なく商店街を巡る企画など年末までに3回イベントを行うことで商店街の客足増加に期待する。

 その他にも市内の商店街では、年末の福引企画やガイドブックの製作と街を巡る企画を組み合わせた事業など、それぞれの商店街に合わせた活用方法で申請準備が進められている。石川会長は「一時的な集客を図るだけでは、今後、補助金が出ないと事業ができなくなってしまう」と話し「補助金をきっかけに持続的な事業に繋げることが大切だ」と活用の在り方に言及する。

緑区版のトップニュース最新6

読売会等と覚書締結

山下地区まちづくり協議会

読売会等と覚書締結 社会

ささバスにラッピング

5月13日号

道路損傷 LINEで通報

横浜市

道路損傷 LINEで通報 社会

市民投稿で迅速対応へ

5月13日号

障害福祉事業所を一冊に

緑区役所

障害福祉事業所を一冊に 文化

「活動内容や人を知って」

5月7日号

設置8割超も課題

住宅用火災警報器

設置8割超も課題 社会

義務化10年、現状は

5月7日号

端末27万台、運用開始へ

GIGAスクール

端末27万台、運用開始へ 教育

学校現場ICT化へ一歩

4月29日号

動画作成し実行委員募集

Mini MiniMidori

動画作成し実行委員募集 コミュニティ社会

30日から応募開始

4月29日号

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter