緑区版 掲載号:2020年11月12日号 エリアトップへ

鴨居原市民の森 森の感謝祭に200人来場 恒例の焼き芋振舞う

社会

掲載号:2020年11月12日号

  • LINE
  • hatena
森の中を散策する家族
森の中を散策する家族

 鴨居原市民の森愛護会(菅原喜勇勝会長)は7日、同市民の森で「鴨居原市民の森のクリーンアップ&焼き芋大会」を実施した。

 2005年に誕生した鴨居原市民の森は以前、大量のタイヤなどの不法投棄で荒廃していた。その森を市民が集える森に再生しようと地域住民らで清掃活動を開始。清掃活動は昨年15回を数え、今年も例年通り企画をしていた。

 しかし、今年は新型コロナウイルスの影響もあり清掃活動は中止に。清掃活動は中止となったが、周辺地域住民らの支援や協力があって現在の状態が保たれていることへの感謝の気持ちを込め、イベント実施となった。当日来場者には、秋の森を散策してもらい、近隣の畑で収穫された焼き芋(290kg)を振舞った。

 感染予防対策として、受付で記帳の上、検温やマスクの着用を徹底。また、森の中では各所に愛護会メンバーが案内に立ち、密を防いだ。

 家族4人で市民の森を訪れた中林洋介さん(鴨居在住)は「コロナもあり、家族でここに来るのは久しぶり。子どもたちはずっと家の中にいるとどうしても飽きてしまうのでとても良い機会になった」と話した。また、娘の律さん(竹山小2年)も「自然が見られて楽しかった」と笑顔を見せた。そのほか、散策路脇の植物を眺める来場者の姿が見られた。

 菅原会長は「里山内の散策路点検、トイレ清掃など、最大の注意を払って日々活動している。また、再びこの森に子どもたちの声が響き渡り、元気で穏やかな生活が戻ることを目指している。今日は”森の感謝祭”という位置づけで開催したが、200人近い多くの人に足を運んでもらえて嬉しい」と話した。

緑区版のローカルニュース最新6

K─1空手で全日本大会へ

登日圭佑くん

K─1空手で全日本大会へ スポーツ

鴨居スクール所属

11月26日号

収穫体験の場提供

収穫体験の場提供 社会

鴨居原市民の森愛護会

11月26日号

あつまラン!フェス開催

あつまラン!フェス開催 文化

人が集まらない形で

11月26日号

本番さながらの訓練

本番さながらの訓練 社会

大規模倉庫火災を想定

11月26日号

食品の寄付を受付中

【Web限定記事】「コロナ禍で助け合いを」

食品の寄付を受付中 社会

十日市場地域ケアプラザで

11月26日号

納税表彰に15人・3団体

納税表彰に15人・3団体 社会

平野氏、浅野氏ら受彰

11月19日号

よこはまあおとクリニック

「住み慣れた我が家でいつまでも自分らしく過ごしたい」という思いを大切に。

https://aoto-zaitaku.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月12日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

緑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月26日号

お問い合わせ

外部リンク