緑区版 掲載号:2020年11月12日号 エリアトップへ

「集い語らう場になれば」 霧が丘でバザール開催

コミュニティ社会

掲載号:2020年11月12日号

  • LINE
  • hatena
賑わいを見せるバザール会場
賑わいを見せるバザール会場

 高齢者らを中心とした買い物に不便さを感じる地域住民の利便性を向上させることを目的とした「霧が丘バザール」が6日に行われ、約300人が来場した。霧が丘バザール実行委員会主催。

 同実行委員会によると、霧が丘地域は昭和50年代に大規模開発され、開発当時に移り住んできた住民は高齢者となり、マイカーを手放す年代になっているという。霧が丘郵便局を中心とした半径500m圏内にはスーパーやコンビニがなく、こうした状況を不安に思った同実行委員会の川口信二代表がバザールを企画した。

 初回となった当日は、霧が丘地区社会福祉協議会、霧が丘老人クラブ連合も協力。霧が丘郵便局(後援)や近隣のNPO法人ぷかぷかのほか、東都生協、霧が丘デポーなどが出店。野菜や卵、新米、花苗、パンや弁当、焼き芋などが販売され賑わいを見せた。

 玉ねぎと卵を購入した周辺住民は「何があるか楽しみにしてきました。徒歩圏内でバザールが開催されるのは嬉しい」と話した。また、川口代表は「会場が一種の”井戸端”となり住民が集い語らう場になれば」と期待を寄せた。第2回は、12月4日(金)を予定している(開催時間未定)。
 

緑区版のローカルニュース最新6

K─1空手で全日本大会へ

登日圭佑くん

K─1空手で全日本大会へ スポーツ

鴨居スクール所属

11月26日号

収穫体験の場提供

収穫体験の場提供 社会

鴨居原市民の森愛護会

11月26日号

あつまラン!フェス開催

あつまラン!フェス開催 文化

人が集まらない形で

11月26日号

本番さながらの訓練

本番さながらの訓練 社会

大規模倉庫火災を想定

11月26日号

食品の寄付を受付中

【Web限定記事】「コロナ禍で助け合いを」

食品の寄付を受付中 社会

十日市場地域ケアプラザで

11月26日号

納税表彰に15人・3団体

納税表彰に15人・3団体 社会

平野氏、浅野氏ら受彰

11月19日号

よこはまあおとクリニック

「住み慣れた我が家でいつまでも自分らしく過ごしたい」という思いを大切に。

https://aoto-zaitaku.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月12日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

緑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月26日号

お問い合わせ

外部リンク