緑区版 掲載号:2020年11月26日号 エリアトップへ

収穫体験の場提供 鴨居原市民の森愛護会

社会

掲載号:2020年11月26日号

  • LINE
  • hatena
サツマイモを収穫する鴨居小児童
サツマイモを収穫する鴨居小児童

 鴨居原市民の森愛護会(菅原喜勇勝会長)は17日、同会で管理する市民の森に隣接する畑でサツマイモの収穫作業などを行った。

 同愛護会は毎年鴨居小学校児童が生活科の授業で行う収穫体験の場として畑を提供している。当日は同小2年児童約95人が参加。児童は「サツマイモ掘り」「大根掘り」「玉ねぎの苗植え」の3班に分かれ、愛護会メンバーの指導を受けながら作業を行った。

 大根掘りを体験した河合紘祐くんは「大根7本も抜いたよ。重たくて尻持ちついちゃったけど、楽しかった」と笑顔で話した。

 菅原会長は「今年は新型コロナの影響で市民の森で行われる各種イベントが軒並み中止になっていたが、久しぶりに子どもたちの元気な声を聞けて良かった」と話した。

緑区版のローカルニュース最新6

ホームドアを使用開始

横浜線長津田駅

ホームドアを使用開始 社会

転落事故を防止

4月22日号

圧巻の走りで初戦V

全日本カート選手権

圧巻の走りで初戦V スポーツ

港北区在住・村田さん(15)

4月22日号

知的財産活用し企業支援

横浜銀行

知的財産活用し企業支援 経済

テレ東関連会社と協業で

4月22日号

決済アプリで消費喚起

神奈川県

決済アプリで消費喚起 経済

最大2割のポイント還元

4月22日号

10年目は歴代が集合

10年目は歴代が集合 社会

横浜スカーフ大使、24人に

4月22日号

ジャズとクラッシックの融合

タウンニュースホール

ジャズとクラッシックの融合 文化

寺井尚子with中鉢聡

4月22日号

よこはまあおとクリニック

「住み慣れた我が家でいつまでも自分らしく過ごしたい」という思いを大切に。

https://aoto-zaitaku.com/

鴨居 宮内建設株式会社

困難を「技術力で」「安心」に変える会社です

http://www.miyauchi-construction.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter