緑区版 掲載号:2021年1月14日号 エリアトップへ

旧市庁舎 村野藤吾の意匠 随所に 60年の役目終え見学会

社会

掲載号:2021年1月14日号

  • LINE
  • hatena
上/2層吹き抜けの大空間「市民広間」。下/執務室に見られたスピーカーと一体型の時計
上/2層吹き抜けの大空間「市民広間」。下/執務室に見られたスピーカーと一体型の時計

 60年にわたり横浜市政の拠点だったJR関内駅前の旧市庁舎は、中区北仲通への移転にともない、昨年5月22日にその役割を終えた。12月には、建物に入る最後の機会である見学会が2日間にわたり行われ、計220人が参加した。

 旧市庁舎は、開港100周年の記念事業として1959年に建てられた7代目の建物。設計は日本の近代建築の巨匠として知られる村野藤吾氏。村野氏は公共建築からオフィス、住宅、また喫茶店やキャバレーまで、ありとあらゆる空間を設計している。

 旧市庁舎の特徴の一つとしてあげられるのが、1階部分の2層吹き抜けの「市民広間」。見学会の案内役を務めた市都市デザイン室の職員は、「市職員でも市民『広場』と間違える人がいるほど」と紹介していた。

 設計コンペでは、この大空間が行政棟と市会棟をつなぎ、市職員や議員との公的な接触の場となるという思想が評価され、村野案が選ばれた。また、村野氏と良く協働していたという彫刻家、辻晋堂氏のレリーフ「海・波・船」が壁一面に広がり、来庁者の目を楽しませていた。

木のぬくもり溢れる議場

 議場は、木のパネルの壁面とそれに合わせた机で、木のぬくもりを感じる空間。天井の円状照明が特徴的だ。都内から参加した高田洋子さんは「市会棟の取り壊しはもったいない。村野氏の設計物を海外の人にも見せたかった」と悔しさをにじませていた。

 旧市庁舎一帯は、産学連携、観光・集客というテーマに沿った再開発を予定しており、三井不動産を代表とする8社が事業予定者。行政棟は星野リゾートが「レガシーホテル」として保存活用する計画だ。

 市会棟は今年1月から解体工事などが行われる予定。

解体される市会棟
解体される市会棟
シンプルな円状の照明(議場)
シンプルな円状の照明(議場)

緑区版のローカルニュース最新6

周年記念にエコバッグを

周年記念にエコバッグを 文化

デザインから完成までワンストップ

1月14日号

IR住民投票案を否決

横浜市会

IR住民投票案を否決 社会

自民・公明が反対

1月14日号

巨匠の彫刻が町中に

キニナル?アート美術館

巨匠の彫刻が町中に 文化

〜港北区編〜

1月14日号

約80席の特別なコンサート

約80席の特別なコンサート 文化

タウンニュースホール

1月14日号

濃い練習で全国へ

ハンドボール部

濃い練習で全国へ スポーツ

桐蔭学園中等教育学校/竹内陵晴さん

1月14日号

3年間の軌跡

中学・高校部活動紹介

3年間の軌跡 教育

1月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月17日0:00更新

  • 11月12日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク