緑区版 掲載号:2021年1月14日号 エリアトップへ

三保町在住苅谷君代さん 歌集「白杖と花びら」出版 「ありのまま詠っていく」

社会

掲載号:2021年1月14日号

  • LINE
  • hatena
歌集を手にする苅谷さん
歌集を手にする苅谷さん

 三保町在住の苅谷君代さん(62)がこのほど、第五歌集となる「白杖と花びら」をながらみ書房より出版した。昨年11月には読売新聞のコーナー四季で10回に渡り連載。苅谷さんは「今後もありのままの自分を詠っていきたい」と話した。

白杖に慣れてゆく日々これからは何でもできるやうな気がして

 三保町の旧家に生まれた苅谷さんは、先天性緑内障で1歳までに4度の手術をし、貴重な視力を得た。高校2年生の時に北原白秋の弟子であった鈴木幸輔氏に出会い長風短歌界に入会し短歌を始めた。高校生活でのクラブ活動や恋愛などを詠んだ歌集「雲は未来の形して」を自費出版し、全国学芸コンクールで奨励賞を受賞。その後は「鳥よ海をおいてゆけ」「花戦(そよぎ)」「初めての〈青〉」(日本歌人クラブ南関東ブロック優良歌集賞受賞)を出版している。

視力は0・01

 苅谷さんは6年前に9度目の手術をし、現在の視力は右目の0・01のみとなった。障害者手帳を取得し、外出時などは白杖が手放せず、文字の読み書きには拡大読書器を使用しているという。

 第五歌集となった「白杖と花びら」は、2010年から19年までに詠んだ作品を中心に約440首が収められている。

 冒頭の歌には「日常生活などで諦めかけていたことも多かったが、白杖を使用し、もう一度歩いていける」と前向きな気持ちが表現されている。

 出版について苅谷さんは「何かを表現したい。その手段が私にとっては言葉です。古典、歴史、自然、人の心などあらゆるものに関心があります。これからもありのままの自分自身を詠っていきたい。それが視覚に障害がある私の生きる力になればと思います」と語り、「私を支えてくださる全ての人に感謝したい」と述べた。
 

緑区版のトップニュース最新6

開所に向け整備進む

山下地域ケアプラザ

開所に向け整備進む 社会

福祉保健活動の新拠点

1月21日号

コロナに負けず美術展

白山高校

コロナに負けず美術展 文化

ユーチューブで配信中

1月21日号

200カ所以上で減収

指定管理施設

200カ所以上で減収 社会

市、一部補助も

1月14日号

歌集「白杖と花びら」出版

三保町在住苅谷君代さん

歌集「白杖と花びら」出版 社会

「ありのまま詠っていく」

1月14日号

新しい生活様式意識し

新春区長インタビュー

新しい生活様式意識し 社会

区運営方針進捗など語る

1月7日号

市、15日に受付窓口開設

障害者手帳カード化導入

市、15日に受付窓口開設 社会

選択制、耐久性など向上へ

1月7日号

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月17日0:00更新

  • 11月12日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク