緑区版 掲載号:2021年3月4日号 エリアトップへ

市会レポート2021年  36 多文化共生社会の実現を 公明党横浜市会議員 高橋まさはる

掲載号:2021年3月4日号

  • LINE
  • hatena

 緑区では約4300人の外国人市民が暮らし、その増加率は横浜市内18区中トップです。国籍別ではインドが全体の25%で、霧が丘のインド系インターナショナルスクール誘致に起因します。

 外国人市民の急増に伴い、ごみ出しルールの共有ニーズなどラウンジの必要性を市会で訴えてきましたが、7日「みどり国際交流ラウンジ」が中山1丁目に開設します。運営団体は、みどりーむ国際交流部会の皆さまを中心とする「みどり多文化共創の会」です。

 ラウンジでは、通常の外国人市民への日常的な情報提供・生活相談に加え、国費による、地域コミュニティの課題解決を担うコーディネーターが、外国人人口が1万人未満の区としては初めて配置されます。

 コロナ禍における多言語での情報提供や医療相談なども新たな課題となる中、ラウンジが外国人市民、自治会・町内会、NPOやボランティアなどのハブ拠点として機能し、多文化共生社会の実現が緑区から拡がることを期待します。

高橋まさはる

横浜市緑区中山1-20-5

TEL:045-929-5303

https://www.masaharu.info/

緑区版の意見広告・議会報告最新6

よこはま自民党『再エネ推進プロジェクト』始動‼

子ども達の、子ども達のために私たちができること

よこはま自民党『再エネ推進プロジェクト』始動‼

4月1日号

予算委員会が開催されました

県政レポート 42

予算委員会が開催されました

神奈川県議会議員(緑区選出) 古賀てるき

3月25日号

コロナ禍を一緒に乗り越えましょう!

市政報告 斉藤たつやが語る、未来の緑区!!

コロナ禍を一緒に乗り越えましょう!

3月25日号

人・土地・生業を守る 〜あれから10年〜

人・土地・生業を守る 〜あれから10年〜

自民党 横浜市会議員 かもしだ啓介(36) 市政報告【15】

3月11日号

多文化共生社会の実現を

市会レポート2021年  36

多文化共生社会の実現を

公明党横浜市会議員 高橋まさはる

3月4日号

みどり国際交流ラウンジが開設します

市政報告 斉藤たつやが語る、未来の緑区!!

みどり国際交流ラウンジが開設します

3月4日号

よこはまあおとクリニック

「住み慣れた我が家でいつまでも自分らしく過ごしたい」という思いを大切に。

https://aoto-zaitaku.com/

鴨居 宮内建設株式会社

困難を「技術力で」「安心」に変える会社です

http://www.miyauchi-construction.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter