緑区版 掲載号:2021年4月29日号 エリアトップへ

神奈川県 ペッパー活用の新教材制作 小学生の思いやる心を醸成

教育

掲載号:2021年4月29日号

  • LINE
  • hatena
ペッパーを活用した授業©SoftBank Robotics
ペッパーを活用した授業©SoftBank Robotics

 神奈川県は、さまざまな授業プログラムを取り入れられる人型ロボット”Pepper(ペッパー)”を活用する新教材を制作した。

 ペッパーを活用した授業は、これまでにもプログラミングやワークショップなど全国各地で展開されている。本教材の制作は、県が推進する「ともに生きる社会かながわ憲章」の普及に向けて、ペッパーを取り扱うソフトバンク(株)と連携して実現した。

 本教材の内容は、ペッパーをお友達と想定し、学校生活での困り事について、児童が考え、相手の立場を思いやる心を育てようとするもの。

 今後は、県内小学校に教材の活用希望を募りながら、道徳科の授業で実施していく予定。

緑区版のローカルニュース最新6

中村忠行さんに感謝状

緑警察署

中村忠行さんに感謝状 社会

道に迷う高齢女性助ける

10月14日号

中山ハロウィン開催へ

中山ハロウィン開催へ 文化

チケットを販売中

10月14日号

駅直結シニア住宅開業へ

駅直結シニア住宅開業へ 社会

新綱島で2023年秋

10月14日号

藤澤ノリマサコンサート

藤澤ノリマサコンサート 文化

タウンニュースホール

10月14日号

「希望に満ちたシーズンに」

神奈川フィル

「希望に満ちたシーズンに」 文化

来シーズンのプログラムを発表

10月14日号

緑色で難病啓発

緑色で難病啓発 社会

アジア初のライトアップ

10月14日号

緑区社会福祉協議会

〒226-0019 横浜市緑区中山2-1-1 ハーモニーみどり1階

http://www.midori-shakyo.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook