緑区版 掲載号:2021年5月13日号 エリアトップへ

横浜市交通局での経験を生かし、「山下地区ささえあいバス」を運転する 松田 弘さん 北八朔町在住 82歳

掲載号:2021年5月13日号

  • LINE
  • hatena

人に寄り添い、人を運ぶ

 ○…交通手段がなく、困っている高齢者らのため、地域住民が主体となり運行しているバス。ボランティアとして、現役時代の横浜市交通局での40年以上の経験を生かしハンドルを握っている。「決して、私だけの力だけではなく、みんなの協力があって走っているバス」と謙遜するが、「事故を絶対に起こさない」というプロ意識は今も現役時代と変わらない。「利用者さんからの『ありがとう』という感謝の声が尽きない」とやりがいを感じながら、ゆっくりとバスを走らせる。

 ○…横浜市生まれ。幼くして父親を病気で亡くした。終戦後、貧しく、食べることすらままならず。母親は女手一つで子どもたちを育てていた。中学校卒業後、市交通局へ。「貧しさから脱却したいと、必死に働いたね」。初任給はすべて母に渡したという。「早く、苦労をかけた母の役に立ちたかったから」

 ○…就職後、少年車掌を任された。「昔はバスにも車掌がいてね。若い人たちは知らないよね」とにこり。バス運転手になったのは27歳の時。事故を起こさないよう、仕事にまい進した。その後、事故の賠償担当を長く行った。毎日、頭を下げる日々。だが、負傷者の声を直接聞いてきたからこそ、事故の怖さを身を持って知っている。補償を行うため、法律など様々な知識を必死に学んだ。そんな長い経験があるからこそ「事故は絶対に起こさない」という言葉には重みがある。

 ○…定年後、北八朔上自治会長を務めるなど、地域活動にも熱心に取り組んだ。「何かをして、感謝の言葉をもらえるってうれしいこと」と実直な一言。「動きます」と発車時には大きな声がバス内に響く。「転倒して怪我をしてほしくないから」。人を思う気持ちはどこまでも強い。

よこはまあおとクリニック

「住み慣れた我が家でいつまでも自分らしく過ごしたい」という思いを大切に。

https://aoto-zaitaku.com/

<PR>

緑区版の人物風土記最新6

樋口 誠さん

身の回りの危険を予測し、安全に暮らす方法を伝える講座を行う

樋口 誠さん

寺山町在住 66歳

6月10日号

田澤 慶曉さん

霧が丘バザール実行委員会の代表を務める

田澤 慶曉さん

霧が丘在住 78歳

6月3日号

有賀 勇次さん

学習ボランティアサークル「みどりパチパチ会」の代表を務める

有賀 勇次さん

西八朔町在住 77歳

5月27日号

近(こん) 恵子さん

小型リヤカーを使って、移動しながら中古品の販売を行っている

近(こん) 恵子さん

東本郷在住 70歳

5月20日号

松田 弘さん

横浜市交通局での経験を生かし、「山下地区ささえあいバス」を運転する

松田 弘さん

北八朔町在住 82歳

5月13日号

シュウマイ潤さん(本名:種藤(たねふじ) 潤)

横浜をシュウマイの聖地と位置づけ、その魅力を発信するシュウマイ研究家

シュウマイ潤さん(本名:種藤(たねふじ) 潤)

横浜国大出身 43歳

5月7日号

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月10日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter