緑区版 掲載号:2021年5月27日号 エリアトップへ

火災警報器の点検等PR 横浜北部読売会緑支部

文化

掲載号:2021年5月27日号

  • LINE
  • hatena
配達用バイクに貼られた広報プレート
配達用バイクに貼られた広報プレート

 読売新聞を配達する横浜北部読売会緑支部は現在、区内を走る配達用バイク約50台の正面に住宅用火災警報器の点検や交換を呼び掛ける広報用プレートを張り付けている。期間は6月末まで。

 また、6月20日には、区内で配達している読売新聞1万4000部に折り込みで、警報器の点検や交換を呼び掛けるチラシを入れるという。

 同支部は緑消防署と地域の安全・安心に関する相互協定を結んでおり、効率的な消防広報などに協力している。同支部の吉江清光緑支部長は「火災を防ぐためにも、できる限り協力していきたい」と笑顔を見せた。

緑消防署で設置支援も

 住宅用火災警報器は消防法で設置が義務付けられて今年で10年となる。警報器は電池式が多く電池切れに注意が必要であるほか、10年が交換の目安となっており、義務化開始前後に設置した場合は交換時期を迎える。

 緑消防署は、年間を通じて広報を行っているが、6月末まで集中的に広報を実施する予定だ。

 同署では、警報器の取り付けが困難な高齢者や障害者を対象として、消防署員が自宅を訪問し、設置を行う支援も行っている。警報器は、申込者が用意する。

 同署の担当者は「火災被害の軽減につながるので、今一度チェックしてほしい」と呼びかけた。

 問い合わせや受付は、同署【電話】045・932・0119へ。受付時間は平日午前8時45分から午後5時まで。
 

ゴルザール カーペット

ペルシャ絨毯&ギャッベ 新入荷、冬のバーゲン 30~60%オフ

https://rarea.events/event/99983

<PR>

緑区版のローカルニュース最新6

子育てサロンが200回記念

霧が丘

子育てサロンが200回記念 社会

親子の交流の場目指し

11月25日号

連続無火災で感謝状贈呈

連続無火災で感謝状贈呈 文化

十日市場団地連合自治会

11月25日号

1年半ぶりに開催

三保地区連合自治会

1年半ぶりに開催 スポーツ

ゲートボール大会

11月25日号

県交通安全功労者を表彰

県交通安全功労者を表彰 社会

感謝状を贈呈

11月25日号

コンビニ店員がお手柄

コンビニ店員がお手柄 社会

架空請求詐欺を防ぐ

11月25日号

自然豊かな長寿のまち

青葉区

自然豊かな長寿のまち 社会

11月25日号

スーパービバホーム長津田店

2階専門店街には魅力的な15の専門店があり、来店者をお出迎えします

https://www.vivahome.co.jp/nagatsuta_svh/floor/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年11月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook