緑区版 掲載号:2021年6月3日号 エリアトップへ

霧が丘バザール実行委員会の代表を務める 田澤 慶曉さん 霧が丘在住 78歳

掲載号:2021年6月3日号

  • LINE
  • hatena

街をみんなでよくしたい

 ○…「同じ地域に住んでいるのになかなか交流の場がない。それって、寂しい」という思いから始まったバザール。「単に買い物をするだけの場ではなく、地域住民同士が気軽に触れ合う場になってきている」と笑顔を見せた。地域の住民や店舗が協力し合い、月に1回定期開催するようになった。「みなさんの協力があってこそ」と感謝の言葉を口にしながら「バザールがずっと続いていくことが夢かな」とはにかんで笑った。

 ○…父が映画制作会社勤務だったこともあり、映画や演劇などに触れる機会が多かった子ども時代。「芝居が好きな母親と一緒に毎月歌舞伎座にも行ってたよ」と懐かしむ。教諭から「声が大きく、明るく元気だから」と言われ、主役に抜擢された学芸会。「みんなで一緒に劇を創るのは楽しかった」と振り返った。

 ○…大学卒業後、広告会社へ。様々な商品やサービスの良さを伝えることで社会を活性化させる仕事にのめり込んだ。歳を重ねるごとに、ずっと住む街、霧が丘のことにも目が向いた。「自分達の街は、自分達で守ろう」と18年前から霧が丘4丁目防犯パトロール隊で見回りを続けている。活動を通じ、地域住民との交流も増え、街を歩くことで、街の様々な課題も見えてきたという。「みんなが住む街をみんなでよくしていきたい」

 ○…多岐にわたる地域活動。「でも、本業は”おじいちゃん業”だからね」と孫への愛は強いよう。毎朝、孫2人を学校まで送っていき、校門前で見守りボランティアを行っている。登校してくる児童たちと笑顔であいさつを交わす日々。「それが自身の元気の源にもなっている」とにこり。様々な地域活動を続ける理由を聞けば、明快な答えがすぐにかえってきた。「楽しいからさ」

よこはまあおとクリニック

「住み慣れた我が家でいつまでも自分らしく過ごしたい」という思いを大切に。

https://aoto-zaitaku.com/

<PR>

緑区版の人物風土記最新6

樋口 誠さん

身の回りの危険を予測し、安全に暮らす方法を伝える講座を行う

樋口 誠さん

寺山町在住 66歳

6月10日号

田澤 慶曉さん

霧が丘バザール実行委員会の代表を務める

田澤 慶曉さん

霧が丘在住 78歳

6月3日号

有賀 勇次さん

学習ボランティアサークル「みどりパチパチ会」の代表を務める

有賀 勇次さん

西八朔町在住 77歳

5月27日号

近(こん) 恵子さん

小型リヤカーを使って、移動しながら中古品の販売を行っている

近(こん) 恵子さん

東本郷在住 70歳

5月20日号

松田 弘さん

横浜市交通局での経験を生かし、「山下地区ささえあいバス」を運転する

松田 弘さん

北八朔町在住 82歳

5月13日号

シュウマイ潤さん(本名:種藤(たねふじ) 潤)

横浜をシュウマイの聖地と位置づけ、その魅力を発信するシュウマイ研究家

シュウマイ潤さん(本名:種藤(たねふじ) 潤)

横浜国大出身 43歳

5月7日号

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月10日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter