緑区版 掲載号:2021年6月3日号 エリアトップへ

Jリーガーをサポート 中山中心に支援の輪

スポーツ

掲載号:2021年6月3日号

  • LINE
  • hatena
焼肉店の煙突を拭く河辺選手
焼肉店の煙突を拭く河辺選手

 サッカーJ3のY.S.C.C.横浜に所属する河辺駿太郎選手(FW)を地域でサポートしようという動きが緑区内中山地区を中心に広がりを見せている。

 河辺選手は長友佑都選手など多くのJリーガーを輩出している明治大学体育会サッカー部出身。ドイツ下部リーグクラブや、地元大分県社会人1部リーグのジェイリースFCを経て、今季Y.S.C.C.横浜に加入した。

 このJリーガーをサポートする取り組みは、明大サッカー部OB約60人のマネジメントやセカンドキャリア支援などを行う(一社)明大サッカーマネジメントが中心となっている。明大サッカーマネジメントに携わり、中山商店街協同組合理事でもある榊原英治さんによると、「コロナ禍でアマチュア契約でのスタートとなった河辺選手の働き口を横浜で探している」といった相談を受けたという。相談を受けた榊原さんは、中山駅北口に本社を構える三好種苗(株)の三好喜久夫専務に相談したところ、快く引き受けてくれたという。

 3月末頃から河辺選手は、午前中にチームの練習に参加。週3日〜4日、午後の時間でコインランドリー(中山)での清掃をはじめ、焼肉世界のりょうちゃん(台村町)で皿洗いや床掃除などの裏方業務を行っている。三好専務の声掛けもあって、河辺選手への支援の輪が広がっている。

足袋に履き替え

 また、三好専務と付き合いのある餅田花園(神奈川区)では、畑を借りて農作業を行っている。三好専務や餅田花園の餅田伸行さんの指導を受けながら、トマトやナス、ピーマンなどを育てている。河辺選手は明大農学部出身だが、本格的な作業は初めてだという。

 三好専務は「駿太郎への支援の話に賛同してくれる人が増えている。今後はチームと一緒に収穫した野菜を販売するなどして更にサポートできたらと考えている」と展望を語った。

 河辺選手は「サッカー漬けだった私が今、サッカー以外の部分で貴重な経験をさせてもらえていることに感謝したい。社会においてJリーガーの価値、可能性を高められるようより一層頑張りたい。応援してくれる皆さまのためにも試合で結果を出して応えたい」と話した。

農作業をする河辺選手
農作業をする河辺選手

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

緑区版のローカルニュース最新6

海外協力隊の経験を聞く

海外協力隊の経験を聞く 文化

オンラインで30日に

6月17日号

詐欺を未然に防止

詐欺を未然に防止 社会

横浜十日市場郵便局員

6月17日号

川柳を募集中

川柳を募集中 文化

30日まで

6月17日号

タヒチ&フラ参加者募集

タヒチ&フラ参加者募集 文化

8月1日 宮ヶ瀬でフェス

6月17日号

心身の健康を保つには?

心身の健康を保つには? 社会

6月病・コロナうつに注意

6月17日号

夏の熱戦 組み合わせ決定

高校野球神奈川大会

夏の熱戦 組み合わせ決定 スポーツ

7月10日開幕、開会式はなし

6月17日号

よこはまあおとクリニック

「住み慣れた我が家でいつまでも自分らしく過ごしたい」という思いを大切に。

https://aoto-zaitaku.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter