緑区版 掲載号:2021年6月10日号 エリアトップへ

大相撲荒篤山関 新十両昇進を市長に報告 市出身22年ぶり、緑区初

スポーツ

掲載号:2021年6月10日号

  • LINE
  • hatena
新十両昇進に笑顔を見せる荒篤山関(中央)と林市長(左)、岡田緑区長(右)
新十両昇進に笑顔を見せる荒篤山関(中央)と林市長(左)、岡田緑区長(右)

 (公財)日本相撲協会が発表した新十両昇進を受け、荒篤山(こうとくざん)関(荒汐部屋)は1日、林文子横浜市長を訪問した。横浜市出身力士として、1999年に引退した前進山関以来22年ぶりの関取誕生。緑区からは初となる。

 荒篤山関は1994年3月11日生まれ。12歳まで母親の実家があるフィリピンで過ごしたという。来日後は区内の横浜市立十日市場中学校に入学している。

未経験で入門

 十日市場中学校卒業後の2009年、15歳で荒汐部屋に入門。相撲未経験であったが「父が相撲部屋に連れて行ってくれて、ちゃんこを食べた後に入りたいと思った」と当時を振り返り、同年9月に初土俵を踏んでいる。

 林市長表敬訪問当日は、親方・荒汐栄吉さん、先代おかみ・鈴木ゆかさん、父・寺井康範さん、母・キャサリンさんと共に訪れた。

 林市長は「とても明るいニュース。子どもたちの励みになる。横浜として楽しみが増えた」と今後の活躍を期待した。また、入門から約12年の新十両昇進に対して林市長からの「諦めそうになったことはないか」との問いに対し荒篤山関は「なかった。ようやく上がれて嬉しい」と答えた。

 また、新十両として挑む大相撲名古屋場所(7月4日〜18日)の土俵入りで締める化粧まわしが、横浜市民有志の会により贈られる予定。フィリピンの国花・ジャスミンと、横浜市の花であるバラがデザインされ、地の青はフィリピンの海の色を表しており、フィリピンと横浜との懸け橋になるようにという思いが込められている。

 母校の十日市場中学校永山博幸校長は「入門から約12年、辛抱して頑張ったと思う。こうした明るい話題は、子どもたちに希望を与えてくれると思う」と話した。

 岡田展生緑区長は「緑区出身で初めての関取の誕生に感動している。次世代を担う子どもたちに夢と希望を与えてもらいたいと思っている」と期待を込めた。

緑区版のトップニュース最新6

補助制度の実績「低調」

ブロック塀改善事業

補助制度の実績「低調」 社会

申請期間延長を検討

10月21日号

給食で酒米を提供

区内市立中

給食で酒米を提供 教育

食品ロス削減の取り組み

10月21日号

地域に根ざし25回目

森の中のアートイベント

地域に根ざし25回目 社会

「多くの人に訪れてほしい」

10月14日号

市が「防災力」認定制度

マンション

市が「防災力」認定制度 社会

来年1月に開始予定

10月14日号

人と人とで編みつなぐ

人と人とで編みつなぐ コミュニティ社会

十日市場でヤンボミ開催

10月7日号

陽性 半数近くが若年層

新型コロナ第5波

陽性 半数近くが若年層 社会

市、新プランで対策急ぐ

9月30日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ハンドメイドバザール開催

ハンドメイドバザール開催

24日、霧が丘デポー近辺で

10月24日~10月24日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook