緑区版 掲載号:2021年8月26日号 エリアトップへ

横浜駅西口ムービル3階 横浜にサブカル聖地誕生へ 新大久保から移転 9月に

社会

掲載号:2021年8月26日号

  • LINE
  • hatena
同ライブハウスが3階に今秋オープン予定の相鉄ムービル(ネイキッドロフト横浜提供)
同ライブハウスが3階に今秋オープン予定の相鉄ムービル(ネイキッドロフト横浜提供)

 サブカルチャー色の強いライブハウス「ネイキッドロフト」が、横浜駅西口の相鉄ムービル3階に9月17日、オープンする。同ライブハウスは都内からの移転。2004年に外国籍住民が集住する多国籍タウンである新大久保=東京都新宿区百人町=にオープンして以来、「実験劇場」として型にとらわれないことをめざし、トークや音楽イベントなどを開催し続けてきた。

 オープンから16年間営業を続けてきたが、入居ビルの老朽化や、新型コロナ感染症の拡大によるキャパシティーの制限などもあり、出演者や利用者から惜しまれつつも、20年12月末日をもって営業を終了した。

 今回、新大久保時代のライブハウスの気配も引き継ぎつつ、160年間外来文化を受け入れてきた港町「横浜」で新たなスタートを切る。同ライブハウスの担当者は「いつかは神奈川にオープンしたいという気持ちがあり、めぐりあわせの中で実現することができました」と話していた。

 移転先は、JR横浜駅西口から徒歩3分の相鉄ムービル。映画館やライブハウス「サムズアップ」「ミントホール」が入居しているアミューズメントビルの3階。店名もネイキッドロフトから「NAKED LOFT YOKOHAMA」へと改称した。

 同ライブハウスの担当者は「コロナ禍で、従来の社会全体が揺らいでいる今、文化・芸術の存在意義が改めて問い直されています。決してライブシーンの灯を消すことなく、カルチャーを次の世代につないでいきたいと願っています」と説明している。

緑区版のローカルニュース最新6

「笑顔溢れる明るい年に」

「笑顔溢れる明るい年に」 社会

緑区賀詞交換会

1月13日号

劇団四季初のコンサート

劇団四季初のコンサート 文化

2月8日から横浜公演

1月13日号

食品の寄付を受け付け

食品の寄付を受け付け 社会

「コロナ禍で助け合いを」

1月13日号

消費生活出前講座を開催

消費生活出前講座を開催 社会

東本郷地域ケアプラザ

1月13日号

明るい未来願って

成人式

明るい未来願って 文化

3万6千人が節目

1月13日号

7党県代表が年頭所感

7党県代表が年頭所感 政治

コロナ禍の重点施策語る

1月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook