緑区版 掲載号:2021年9月16日号 エリアトップへ

「横浜とラグビー」一冊に 保土ケ谷区在住の長井さん

スポーツ

掲載号:2021年9月16日号

  • LINE
  • hatena
著書を手にする長井さん
著書を手にする長井さん

 保土ケ谷区星川在住の長井勉さん(72)がこのほど、日本のラグビー史話をつづった『キックオフの笛が聞こえる-日本のラグビーは横浜から始まった』を出版した。

 長井さんは浅野高時代にラグビー部に所属。怪我もあり早稲田大では入部せず、OBチームで楽しみレフェリーコーチの道に。現在は「認証アーキビスト」の資格を持つ専門職として公文書管理の仕事をしながら、県ラグビー協会で広報や若手の育成に尽力する。

歴史を紐解く

 ラグビーW杯日本大会開幕直前の2019年9月、同協会が中心となって横浜中華街に建立した「日本のラグビー発祥地」の記念碑が、執筆のきっかけになった。

 アジア最古のラグビーチーム「横浜フットボールクラブ」が1866年、英国人らにより中区山下町で設立。横浜で出会ったラグビー伝道師の2人が慶應義塾の学生に教えたことから、99年に日本のラグビーが始まった。長井さんは海外に住む友人に資料を送ってもらうなど、100以上にわたる膨大な本や雑誌、新聞などを調べるうちに「時を経て横浜でW杯の決勝戦が行われたのは、運命だったのではと思うようになった」という。

 同書では英国ラグビーの起源から日本ラグビー発祥の横浜、中学生の教科書に取り上げられた日本チーム海外初遠征の感動秘話、記念碑建立、W杯の興奮が蘇る現地レポートなど、古今東西のラグビー史話を紹介。史実をまとめただけでなく、調査過程のエピソードや自身の意見を盛り込み、ラグビー経験のない人にも楽しく読めるよう工夫された労作だ。

 長井さんは「横浜のラグビー史をまとめた本は初めてかもしれない。フェアプレーの精神など、ラグビーの持つ”スポーツの力”も伝えたかった。この本を読んでラグビー観戦し、一味違った楽しみ方を感じてもらえたら」と話した。

 A5判、195頁。丸善プラネットより1540円。有隣堂やインターネットで購入できる。
 

緑区版のローカルニュース最新6

みどりアートパークで「プラスチックの海」を上映

【Web限定記事】

みどりアートパークで「プラスチックの海」を上映 文化

11月28日 緑区長津田

10月21日号

犯罪・事故発生状況

【Web限定記事】

犯罪・事故発生状況 社会

緑警察署管内 10月7日〜10月13日

10月21日号

「大きいお芋が採れた」

森村学園幼稚園児

「大きいお芋が採れた」 教育

地元農家の協力得て収穫

10月21日号

第6回新人演奏会

第6回新人演奏会 社会

オーディション受付開始

10月21日号

年賀状を手作り

年賀状を手作り 文化

11月18日に中山で講座

10月21日号

緑色で難病啓発

緑色で難病啓発 社会

アジア初のライトアップ

10月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook