緑区版 掲載号:2021年11月11日号 エリアトップへ

子どものまちに200人来場 ミニミニミドリ開催

教育

掲載号:2021年11月11日号

  • LINE
  • hatena
仕事を紹介するジョブセンタースタッフ
仕事を紹介するジョブセンタースタッフ

 昨年新型コロナウイルスの影響で開催中止となった子どものまちづくりイベント「ミニミニミドリ」が6日、7日の2日間、山下地域交流センターで実施され、計200人が参加した。緑区役所区政推進課が主催し、認定NPO法人ミニシティ・プラスが運営サポートとして関わった。

 同イベントは、19歳以下の”子どもだけのまち”で大人は口出し禁止。実行委員の子どもたちがまちの仕組みを考える中心メンバーとなり、イベント実施期間中は店舗の責任者としても活躍した。

ミ$でゲーム体験など

 子どものまちには、学校や区役所、警察、放送局のほか銀行、ジョブセンターなどが設置されていた。参加者は学校でまち全体の説明を受け、ジョブセンターで仕事を紹介してもらう。仕事をすると、まちで使用できる仮想通貨ミ$(ミドル)を稼ぐことができ、稼いだミ$でゲームの体験などができるほかに、銀行で預け入れや引き出しもできる。まちの中では警察官がマスクをしていない参加者がいないかを巡回する光景も見られ、区長などを選ぶ選挙も行われていた。

 参加した子どもたちは、横浜市内の市民の森などを手入れした際に発生した間伐材で作ったクラフト作品を購入するなど、まちの中で思い思いに楽しんでいた。

 雑貨屋の店員を務めた実行委員の1人である高橋湊仁くんは「お金のやり繰りの方法がわかった。クジが良く売れている。楽しい」と話した。

いらいらゲームの説明
いらいらゲームの説明

緑区版のローカルニュース最新6

「笑顔溢れる明るい年に」

「笑顔溢れる明るい年に」 社会

緑区賀詞交換会

1月13日号

劇団四季初のコンサート

劇団四季初のコンサート 文化

2月8日から横浜公演

1月13日号

食品の寄付を受け付け

食品の寄付を受け付け 社会

「コロナ禍で助け合いを」

1月13日号

消費生活出前講座を開催

消費生活出前講座を開催 社会

東本郷地域ケアプラザ

1月13日号

明るい未来願って

成人式

明るい未来願って 文化

3万6千人が節目

1月13日号

7党県代表が年頭所感

7党県代表が年頭所感 政治

コロナ禍の重点施策語る

1月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook